第139回芥川賞の候補作、津村記久子「婚礼、葬礼、その他」(文學界3月号)、小野正嗣「マイクロバス」(新潮4月号)、岡崎祥久「ctの深い川の町」(群像6月号)をご紹介!

津村記久子「婚礼、葬礼、その他」

婚礼、葬礼、その他
<DATA>タイトル:『婚礼、葬礼、その他』出版社:文藝春秋著者:津村記久子価格:1,200円(税込)
津村記久子は「カソウスキの行方」に続き、二度目のノミネート。新作を発表するたびに固定ファンを着々と増やしている注目の新鋭だ。大人が堂々と仕事を休める行事といえば結婚式と葬式。でも、いつも出席したくて出席しているかというと……。「婚礼、葬礼、その他」は個人に有無を言わせず召喚する力を持つものとしての婚礼と葬礼を描く。

主人公のヨシノは(おそらく)28歳の会社員。屋久島旅行にいくはずだった2月の連休の最終日に大学の友人の結婚式に招待される。この1年で3件目。ヨシノ自身には今のところ結婚の予定がない。手間もお金もかかる。友だちを祝いたい気持ちはあるけれど、複雑な心境だ。スピーチと2次会の幹事を頼まれ、役目を与えられたからにはちゃんとやろうと思って当日を迎えるも、とんでもない出来事が。式が終わって披露宴が始まる直前に、会社の上司の父親が亡くなり、急きょ通夜に行かなければならなくなったのだ。

“人を呼ぶ天分”がないヨシノに次々とふりかかる災難に笑わずにはいられない。候補作中で最もエンターテインメント度が高い1作。

次ページでは小野正嗣「マイクロバス」、岡崎祥久「ctの深い川の町」を紹介。