スニーカーは洗わずにいると傷みが早くなります。汚れが気になってきたら洗ってみましょう。

洗えるスニーカーと要注意なスニーカー

布やビニール製の靴は、ジャブジャブ洗えるのがよいところ。

布やビニール製の靴は、ジャブジャブ洗えるのがよいところ。泥んこになった子ども靴も「まぁ洗えばいいし」とあきらめられるかも

スニーカーの素材には、綿や化学繊維の布製や皮革製、合成皮革製などいろいろあります。布製は比較的考えずに洗えますが、皮革製や合成皮革製は水や普通の洗剤では傷むことが多々あるので要注意。皮革スニーカーは専用クリーナーを使ってケアしてください。また、学校の上履きなどゴムが目立つ靴はゴムの対策も気にして洗いましょう。


スニーカーの洗い方

【準備】
まず、ヒモのついたものはヒモを外し、泥がついているものは古歯ブラシなどのブラシを使って落とせるだけ払い落します。

【洗う】
手荒れ防止に手袋をし、洗剤液と靴用ブラシ(古歯ブラシでも○)で靴をこすり洗いします。洗剤は普通の洗濯用洗剤でOK。汚れのひどいもの(かなり汚れてから洗うことも多々ありますよね)なら、浸け置き洗いがおすすめ。スニーカーがすっぽり入るくらいのバケツや洗い桶に洗剤液を作り、そこへ浸します。なお、以下の点に注意しましょう。
  • 洗濯表示に中性洗剤をとあればそれに従ってください。
  • 薄め液にはぬるま湯を使った方が洗浄力がUP!
  • 内側の奥や重なりのある細かい部分は古歯ブラシが便利。靴ひももブラシで洗います。
  • ゴムは擦りすぎると傷むのでほどほどに!

【すすぎ】
すすぎは、水を換えブラシでこすりながら、何度か洗い流します。奥の方の洗剤もきちんとすすいで。

【脱水】
タオルや雑巾など布で水分を拭き取るか、専用ネットに入れて脱水機にかけます。脱水機は型崩れやゴムが傷む可能性があるので大切なものは拭き取りが無難です。

【干す】
ゴムは紫外線や熱で傷みやすいので、上靴などゴムが目立つものは特に日陰の風通しがよい場所へ干すのがおすすめです。干すときは、斜めに立てかけたり、針金ハンガーを曲げて吊るすなど工夫して。乾いたら、紐があれば戻せば終了です。

お好みですが、汚れ防止ワザとして撥水スプレーをかけておくのもおすすめ。水濡れだけでなくホコリや砂などの付着を軽減することができます。

[関連記事]
果汁のシミ抜きテクニック
覚えておこう 部屋干し・干し方のコツ【保存版】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。