■人が人を殺すとは?罪と罰の間に横たわるものとは?赦しがあるとすれば、与えるのは?普遍的な命題に、物語作家として挑戦する

 人が人を殺すということは、どういうことか、という命題である。本作で、著者は、殺人の理由や背景のみの説明にページを費やさない。むしろ、「殺人」という罪の本質に物語り作家として迫ろうとしている。罪と罰の間に横たわるものは、何なのか、罪が赦されるとしたら、赦すのは、誰なのだろうか。
 明確な答えは、本作の中で提示されない。だが、答えを求めるという思考の彷徨が、重要な骨格として物語を支えている。そして、ラスト近く、主人公の殺人の実相が明らかになった時の白兎の「罪は罪だ」という言葉が、読む者を深く考えこませずにはいられない。

 『バッテリー』もそうだが、本作も、著者の描写力は、やはり、手練れのそれである。言葉のひとつひとつが、選びぬかれ、研がれており、心地よい緊迫感をもって読み進めることができる。こんな書き手を、十代だけが独占していたなんて・・・と瞠目させられる一作である。
この本を買いたい!


児童文学者としても高い評価を受けている著者。子どもの本を子どもだけに独占させておくのって、けっこう、もったいないことかも。だから、「子どもと一緒に本を楽しむ」で情報チェック!

◆ついに完結してしまった『バッテリー』。「子どもの本」「スポ根」なんて先入観は、一度読んだら絶対フっとぶ!一足お先に、ハマってしまったファンのサイトをピックアップ!

『バッテリー応援団』には、あさのあつこさんのインタビューが。

人物ランキングなど交流ページが楽しい『バッテリー同盟』には、WEBドラマなども。

『バッテリーファンサイト 白玉』の人物紹介は大充実!基礎知識をバッチリ仕入れられます。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。