カーテンはいつの間にか黒ずんでしまうもの。不潔なだけでなく、レースなどは部屋の明るさまでダウンさせてしまいます。洗えるタイプのカーテンなら自宅でお洗濯OK!休日に少しずつでも洗っていきましょう。

洗えるカーテン? いつ洗う?

カーテンの洗濯表示を確認して、洗濯OK(洗濯機OKや手洗いOKマーク)があれば自宅でお洗濯を。これらは、カーテン洗濯の失敗に多い「縮み」を防ぐ加工や織り方をされたもの。素材はポリエステルが多いようです。「水洗い不可」のものは縮みや色落ちが心配なので、クリーニング専門店に出した方が無難。結構お値段が張りますので家計的には自宅で洗えるカーテンを選んでおくとよいですね。

洗う頻度は環境にもよりますが、春や秋など季節の変わり目がおすすめ。空気の汚れた都市部などは年に数回洗った方がよいでしょう。特に春は風が強くホコリや花粉などが多い季節で、汚れたまま梅雨になると湿気がプラスされてカビや臭いの原因にも。五月晴れの頃はカーテンを洗うのに最適です。

シワをつけずにカーテンを上手に洗う

たたんでネットに入れます。ネットの中で動かないよう洗濯ばさみで留めても。もちろん無しでもOK

たたんでネットに入れます。ネットの中で動かないよう洗濯ばさみで留めても。もちろん無しでもOK

カーテンの洗濯手順は、まずレールからはずしたカーテンにほつれ等がないかチェックし、あればこの時に修繕します。 洗いジワをつけないよう洗濯するには、大型の洗濯ネットを使い、ネットの大きさに合わせてひだ状に折りたたんでから洗濯機に入れるのがコツ。久しぶりに洗うカーテンならかなりのホコリがついているので、ネットに入れる前に外でバサバサと払ってある程度のホコリを落としてから洗うと汚れ落ちがよくなります。

たたみ方は縦にひだを作って縦長に折り、次に3つ折り程度に短くします。折りこむと内側の汚れ落ちが悪くなるのでひだ(蛇腹)折りがおすすめです。ネットに入れたら洗濯機をスタート。洗濯機のコース選びは弱水流(ソフトコース等)にして。

汚れがひどい場合は、洗濯槽に水をはって洗剤水にしばらくつけ置きます。酸素系漂白剤を使うのも効果的。つけ置き時間は汚れ具合にもよりますが、1時間以上置くと、ポリエステルなどは汚れが再付着してしまうので適度に。また、ぬるま湯を使った方が汚れ落ちがよいので、お風呂の残り湯を使うとよいでしょう。静電気防止効果のある柔軟剤を入れても○。シワをとったり風合いをよくするものもあります。

脱水は短めに。洗濯が終わったらすぐ洗濯機から取り出すのもシワ防止の対策。フックをとりつけ、元のカーテンレールにつるして、重みでシワをのばしながら干します。少しだけ下からひっぱってやると残ったシワが伸びやすくなります。

カーテン選び

「春夏用」「秋冬用」とカーテンを使い分けするのもおすすめ。傷みを和らげられるし、色柄を変えれば"目"で涼しさや暖かさを感じられます。最近は「機能性カーテン」も多種多様。「UVカット」「遮光」「遮熱」タイプなら冷暖房の光熱費もカットできそう。「防炎」なら火災時の燃え広がりが軽減できますね。「洗える」のも機能性の一つ。「防汚」「静電気防止」「防臭」「消臭」などお洗濯的回数を減らせそうな機能もたくさん。価格とメリットを天秤にかけて、どのあたりが一番自分のライフスタイルにぴったりくるのかを考えてカーテン選びをしましょう。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。