60年代末のアメリカの風俗描写も見所のひとつ
第3位:『真夜中のカーボーイ』

真夜中のカーボーイ
MIDNIGHT COWBOY
『真夜中のカーボーイ』
何故日本語題名は「カウボーイ」表記ではないのか当時から不思議でしたが、今だに不思議です(笑)。

田舎から都会に一発当てにやってきた男が、都会のカオスに翻弄されてゆくのです。ゴミためのような都市の裏側を這いつくばるように生きるラッツォと呼ばれる文字通りドブネズミのような男と出会い、次第に友情が芽生えるのですが……。

社会の底辺にうごめく人間の価値を問う「都会に埋没」する寂しい男たちの姿に泣かされる、アカデミー賞で作品賞を受賞した名作です。

[作品紹介]
・1969年/上映時間:114min
・監督:ジョン・シュレシンジャー
・出演:ジョン・ヴォイト、ダスティン・ホフマン、シルヴィア・マイルズ

30年代に実在した男女二人組の強盗、ボニーとクライドの凄絶な生きざまを描いた
第2位:『俺たちに明日はない』

俺たちに明日はない
BONNIE AND CLYDE
『俺たちに明日はない』
アメリカン・ニューシネマの原点にして最高作!

大恐慌の30年代、自動車泥棒のクライドとボニーは知り合いコンビを組んで強盗をはじめ、犯行はことごとく成功。そして若者モスも仲間に加わりトリオで盗みを重ねました。ある時からクライドの兄夫婦が入ってきたことで、ボニーとクライドの兄嫁が対立、結果ドジを踏み警官たちと激しい銃撃戦となり、兄夫婦を残して、3人は命からがら逃げ延びます。そして今や札付きの悪党となったボニー&クライドは、どこへ行っても身を隠さねばならなくなります。

あの日、モスの家に身を隠したのですが、モスの父親が、息子の命と引き換えにボニー&クライドの隠れ家を密告。そして車内の二人は、警官たちの銃弾の嵐に絶命するのです。このラストシーンの凄まじさ!銃弾の圧力で人が踊るように身体がよじれます……。犯罪映画としても群を抜く見事な一篇!

[作品紹介]
・1967年/上映時間:112min
・監督:アーサー・ペン
・出演:ウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイ、ジーン・ハックマン