滑稽噺だけが落語じゃない!

落語会や寄席では、笑い声だけではなく、シーンとした場内ですすり泣く声がだけが響くときもしばしばあります
落語はその字のとおり、落ちがある噺(落とし噺)のことです。話の落ちあがるというと、みな面白おかしい物語ばかりを連想するでしょうが、落語の演目がすべて、そいうった滑稽話とは限りません。

落語の演目の中には人情噺と呼ばれる、親子愛、夫婦の情愛、師弟愛、男女悲恋など、人情味あふれ感銘を与えるような演目が数多くあります。

その多くが、歌舞伎や映画にお芝居と、様々なエンターテイメントの物語に影響を与えたり、そのまま使われたりしています。

落語の醍醐味、大ネタ人情噺

この人情噺と呼ばれるネタは、演じるのに1時間近くかかる大ネタと呼ばれる演目が多く、寄席のトリや落語会や独演会でしかお目にかかることはできません。

人情噺はストーリー性が強い上、物語りも長く、笑いも少ないので、その物語にお客さんを引き込む力量がなければ演じきることができません。それゆえ、噺家もここ一番のときに、自分が得意の人情噺を高座にかけるようです。

笑いが少なく、物語重視の人情噺を自在に演じるようになれれば一流の噺家といえるかもしれません。今回はそんな、落語の醍醐味の一つでもある、泣ける人情噺を紹介します。

親子の情を描いた、「子別れ(子は鎹)下」

子別れ 古今亭志ん朝
落語名人会(24) 古今亭志ん朝16 お化長屋/子別れ・下 :お涙頂戴ではなく、あっさりとした語り口が心地よい余韻を広げる、志ん朝の「子別れ・下 」
泣ける人情噺の代名詞といわれるのがこの「子別れ(子は鎹)下」でしょう。「思わず、泣いてしまった落語は?」と落語好きな方に問えば、この演目を挙げるはず。

夫婦と親子の情愛と絆を、分かりやすく、簡潔に描いている人情噺の傑作の一つだと思います。日本人の琴線に触れるストーリー構成で、号泣というより思わずホロッする落語です。


【関連リンク】
・「子別れ(子は鎹)下」のCDは落語をCDで聴く、DVDで観る で探せます。


次ページでは思わず涙が流れる、親子の情を描いた、「子別れ(子は鎹)下」を紹介します。