高座扇子と夏扇子の違い

これが噺家が通常使う高座扇子。骨の数は15本で骨の間隔が広く、広げにくく、仰ぎづらい。しかし、頑丈な作りですので、儀式、演壇、演舞等の小道具として利用
噺家が使用する扇子は「高座扇子」といい、私たちが普段使う夏扇子より大きめの7寸5分(23cm)でガッシリ作られています。これは風を仰ぐだけてなく、落語の見立て道具として、使われるからです。

紙は白かベージュで無地のものが多い。なぜなら、落語の高座での扇子はモノの見立てとして使用する小道具なので、絵や文字が書かれていると、高座で広げたときに、文字や絵に観客の意識が注がれてしまい、落語の演目に支障をきたすからです。

それでは、落語の高座で扇子はどのようなもに見立てられるのでしょうか? 扇子の主な見立てを紹介します。

チョイと一服、キセルでござい

扇子を閉じて、根(手で持つほう)部分を吸い口にします
近頃はキセルでタバコを吸う様子なんて、TVや映画の時代劇しか見られなくなりましたね。高座で一番使われる扇子による見立てはこのキセルでタバコを吸う様子です。

登場人物によってタバコの飲み方を変えます。武士はキセルを自分の口に持っていき鷹揚にゆっくりプカリと吸う。民百姓はキセルの吸い口に自分の口を持っていき、プカプカ忙しなく吸う。また吉原の花魁は斜に構えやや斜めに二三口程度プカ~リ、プカ~リと長めに吸います。花魁のキセルは長キセルといって、通常のキセルの2~3倍の長さがあるからです。

扇子といえばキセルというほど、噺家にとって基本中の基本の見立て。どの古典落語の演目にもたびたび、登場しますので寄席や落語会に行けばかならず見れます。

【関連リンク】
・落語紹介サイトハマッて落語 RAKUGO FUN

次ページさらに様々なモノに返信する扇子の見立てを紹介します。