DEATH NOTE デスノート[前編]

こちらを書いたのは映画を鑑賞した時点です。原作コミックは一切読んでいません。なぜこれほど人々を夢中にさせるのか、そんなことを考えつつ書き始めました。が、このあと既刊(11巻)のコミックを大人買い、しました。「きっと、ついていけない話だろう」と思ったのが大間違いでした。あー、すっかりハマっているようです。2006年中にテレビアニメ放映も決まり、<デス現象>は本格的になりそうです。南も「退屈な人間」の一人だったんですね。あーあ。

DEATH NOTE デスノート[前編] を観て

DEATH NOTE デスノート[前編] を観て
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社「週刊少年ジャンプ」
(C)2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。
そんな物語に人気があることじたいが、不思議に思える。原作は、「大場つぐみ」という方で新人なのに、週間少年ジャンプに連載開始されたのだとか。どのような方なんでしょうね。ちょっと興味が……。作品のキャッチコピーは「退屈な人間へ」。そんな退屈人間がワンサカいるんですね。生きるだけで精一杯!!といった暮らしをしている人々もいるのに、幸せボケ日本!って感じを受けちゃいます。

人気作品だけに、映画化の権利は争奪戦だったそうですよ。(そうだろうな、と鑑賞したからこそ分かる)。映画化にあたり、原作者から出された条件は意外にも「デスノートのルールは守ること」だけ、だったそうで、原作に登場しない映画オリジナルキャラもアリなわけです。※香椎さんの演じた月の幼なじみ役。

DEATH NOTE デスノート[前編] の見どころ

DEATH NOTE デスノート[前編] の見どころ
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社「週刊少年ジャンプ」
(C)2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
映画は、(あらためて書く必要もないですが)、月[ライト]とL[エル]の頭脳戦が最大の見所。何しろ自身を「幼稚だ」と認識しているLと、自分が幼稚だという自覚ゼロの月。どちらが問題かといえば、もちろん「月」なわけで、それをクールに演じてみせる藤原氏は流石(さすが)。いろいろ共通している二人(だと思う)けど、高い知能の生かし方は正反対。

個人的には、「不良少年(ヤンキー)の夢」でビビッ、「男たちの大和/YAMATO」でビビビッとなったイチオシ応援中の松山ケンイチくんが演じたL[エル]。アイラインと目のしたのクマは原作どおりの特徴よね。そして猫背に素足は原作どおりだったんじゃんと、読後に喜びつつ。爪を噛んだり、大人をからかってみせたり、しょうもない青年らしさだったり、演じるプレッシャーもあるけど、演じることを楽しめそうなキャラ。それにしてもLったら、食べ過ぎ。お菓子バーベキュー(串刺し)とか。あれだけのお菓子に囲まれたらゲンナリしそうだけど、L様(って松山クンが演じてる場合ね)と一緒なら楽しそう。でも「ポテチ」を食べながら「見破ったり」を匂わすのはウマイ。ところで、「ワタリ」とLは、どんな関係なんだろう。Lは、何をきっかけに捜査協力をはじめたのかな。両親の姿がでないこと、愛情に飢えてそうなことからすると、何かしら犯罪に巻き込まれて両親が命を落とした、とか。で、それがきっかけ?(まっ、単純な思考回路です……)

DEATH NOTE デスノート[前編] の見どころ
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社「週刊少年ジャンプ」
(C)2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
そして月にへばりついて人間界で物見遊山な死神のリューク。その声を担当した人物に驚く。造形もいい感じなんだけど、それを生かすのは声。まさにピッタリでした。その方は、何度か<ナマ>を見たことがあるし、至近距離で顔と声を見聞きしたことがある方。それなのにーーー、エンドクレジットまで、まったく気がつきませんでした。知ってから、そういえばあの笑い声とか「あ~そうそう」と。きっと知らずに見た方が面白いと思うけど、それぐらい書いてもと思う方もいるわけで。一応、伏字にします。⇒(「中村獅童」さんでした)。伏字にしたのに、日本テレビの特番で出ていました。
※リュークのビジュアルはコミック通りなのですね。ついでに原作の月の顔って、藤田嗣治氏が後年に描いていた子供と似てる……。アーモンド形のつりあがった目とキュと結んだ口。作画は「ヒカルの囲碁」(テレビアニメを見ていました)の小畑健氏。

月を演じた藤原クンは舞台経験も豊富だから、演技はもちろんのこと、何よりもセリフが聞き取りやすいこと!素晴らしい。最近、よくあるんですよ。決め台詞なのに何を言っているのか、サッパリ分からない、とか。

後編の公開は10月というのだから、絶対に「いいところ」で終わるんだろうな。そして、もしも鑑賞後に続きが「気になってて気になって仕方がない」となるのだろう、なと思いつつ。

DEATH NOTE デスノート[前編] を観て疑問

DEATH NOTE デスノート[前編] を観て疑問

DEATH NOTE デスノート[前編] の魅力

『デスノート 前編・後編』
[Death Note]
2006年6月17日[土]~丸の内プラゼールほか 全国松竹・東急系にてロードショー
原作:大場つぐみ、小幡健 監督:金子修介 脚本:大石哲也
出演:藤原竜也、松山ケンイチ ほか
2006年/日本/2時間6分/ワーナー・ブラザース配給
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/