『かもめ食堂』を観ました

ハラゴシラエして歩くのだ。

『かもめ食堂』(2005)[ruokala lokki]

『かもめ食堂』(2005)[ruokala lokki]

『かもめ食堂』(2005)[ruokala lokki]

『かもめ食堂』(2005)[ruokala lokki]
『過去のない男』主演俳優マルック・ペルトラ(左)

かもめ食堂。それはフィンランドのヘルシンキにありました。こころをこめた「いらっしゃいませ」と、おにぎりと。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。

<<ヘルシンキで日本食レストランを開いた主人公サチエ(小林聡美)、お客は日本好きな青年のトンミ(ヤルッコ・ニエミ)ひとり。そのトンミの言葉がきっかけとなりミドリ(片桐はいり)と知り合う。『目をつぶって世界地図を指差したらフィンランドだったから』やってきたというミドリは「かもめ食堂」のお手伝いを…。『フィンランド人に憧れて』やってきたというマサコ(もたいまさこ)も加わり…。>>

【フィンランド】といえば―サウナとノキア。ムーミンとサンタクロース。キシリトールガムとゲイシャチョコ。白夜にアキ・カウリスマキ監督の国。実は東京から10時間で、最も近いヨーロッパの国なのでした。邦画<初>のオール・フィンランド・ロケ!!

通貨は、2002年フィンランド・マルカ(FIM)からユーロに。「かもめ食堂」のメニューから「おにぎり」は5.5ユーロ、これを円換算すると約770円になる。その具の新候補になったのが、フィンランドの人が好むPoronliha(トナカイの肉)、Rapu(ザリガニ)。お味見したくなります。観た後は「シナモンロール」「おにぎり」「コスケンコルヴァ」(Koskenkorva)等、何か口にしたくなると思います。南はアツアツのコーヒーとシナモンロールを食べましたよん。

登場キャラがサイコー!笑って、泣いて、ほのぼの~。インテリア、洋服等も可愛ゆくて2006年大好きな1本になりました。

『かもめ食堂』(2005)[ruokala lokki]『かもめ食堂』
[ruokala lokki]
2006年3月11日[土]~シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
原作:群ようこ(幻冬舎刊) 監督・脚本:荻上直子『バーバー吉野』
エンディング♪:井上陽水「クレイジーラブ」
出演:小林聡美、片桐はいり、もたい まさこ、マルック・ペルトラほか
2005年/日本/1時間42分/メディア・スーツ配給
公式サイト:http://kamome-movie.com/

『かもめ食堂』荻上直子監督を直撃インタビュー

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※(c)
※Photos(c) Julie Minami - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "[ruokala lokki]" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.

映画・来日・ニュース・イベント

この他の2006年春公開の映画

『かもめ食堂』の上映時間を調べる


『映画』トップページへ戻る