ドッグヴィル 『メイキング・オブ・ドッグヴィル ~告白~』監督:サミ・サイフ 出演: ラース・フォン・トリアー/ニコール・キッドマン/ポール・ベタニー/ベン・ギャザラ/ローレン・バコール

作品紹介:ラースの超個性的なパーソナリティーや想像を絶する緊迫感に支配された現場の空気。極限までに消耗した俳優たちが、セットの隅に設けられた小部屋(CONFESSION BOX)に駆け込み、カメラに向かって戸惑いや不安、そして不満を次々と赤裸々に語っていく・・・。これは単なるメイキングものではない。追い込まれた俳優たちの真実の告白(CONFESSION)を通して“傑作”が生み出されるまでのドラマをリアルに追った。

上映時間:52分、シネマライズにて連日レイトショー、月~金曜日はモーニングショーあり



▼南の試写コメ舞台のセットもどき?で人形のように?動く俳優の姿で約3時間もたせられるのか?と思いましたが!!すっごーい作品を観てしまった、というのが第一声。いい人、優しい人というのは、とかく利用されやすかったりする。それを見て怒りがわくが、そう思う自分が傲慢なのでは?と思い始め…たり。人間が持つ価値観、傲慢、偏見、権力、というものをヒシヒシと感じ、脳にガツーンという表現では足らないほど。心をえぐられる思い。3時間のうち最初の1時間は、その設定に気がとられるが、後半の2時間は、自分の息も邪魔に思えるほど夢中になっていました。宣伝にうそはない衝撃作でした。残念ながら『メイキング・オブ・ドッグヴィル~告白~』の方は、予定が合わず未見ですが、緊迫した現場でのキャストたちの本音が語られるというので、興味津々。

[2003年11月29日@GAGA試写室]



『映画』トップページへ戻る


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。