思い出のLIQUIDROOM


先生:
『BARBiE BARBiE』に併せて、ライヴDVD『AIRA MITSUKI SPECIAL LIVE "090319" IN LIQUIDROOM』も同時発売となりました。LIQUIDROOMはPerfumeの初ライヴを見たところですから、思い出深いです。あの頃、80★PAN!と一緒に出ていたなぁ~。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
AIRA MITSUKI SPECIAL LIVE "090319" IN LIQUIDROOM
01. ロボットハニー
02. SAZAE FUNKADELiC
03. ニーハイガール
04. チャイナ・ディスコティカ
05. L0ne1yBoy L0ne1yGirl
06. サヨナラ TECHNOPOLiS
07. COSMiC CHOPPER
08. HiGH SD スニーカー
09. HEART LINE ALIVE
10. distant STARS
(MC)
11. Rock'n Roll Is Dead
12. Swallowtail D.A.N.C.E (Cherryboy function ver.)
13. Beep Count Fantastic (feat.Terukado)
14. Valentine STEP
15. ハイバッシュ (Original ver.)
16. ファンタジー・キャンディー
17. イエロー・スーパーカー
18. カラフル・トーキョーサウンズ・No.9
19. ロボットハニー (Sound Around rmx)


ライヴDVDの感想は?

博士:
Airaちゃんのインストアは欠かさなかったのですがこのライヴだけは見逃したので期待していました。Airaちゃんがワンマンで、どういうコンセプトでまとめてくるのだろうと言うのが興味深々でした。

ズバリ言いましょう!!
すっっごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおく良い!!!!

研究生:
ほんと、博士の言うとおりです。めちゃくちゃかっこいい! しかも、オープニングはあのチェックのジャケットでの登場!! あまりにもゴキゲンすぎます!!!しかし、ほんといい曲がたくさんありますよね~♪

先生:
セットリストを見て、改めて思いましたが、デビューしてから、選択できるくらいなかなかいいトラックを溜め込んできているのですよね。

研究生:
そして、あのライナーノートの過剰な熱さ! 筆がサクサク進みすぎたのでしょうか、文字が多すぎてAiraちゃんの写真がまったく見えません!!

この対談での僕の発言も長い&暑苦しいの連続で、毎回反省しきり。ですが、このライナーノートのテキストからは、そんな悩みも些細なことに思えるほど尋常でないパワーを感じました。 しかも、相対性理論まで引っ張りだしてきてるし・・・この対談に参加している誰かが書いてるのかと思いました(笑)。

先生:
余談ですが、『STUDIO VOICE』の7月号では相対性理論特集をやっていましたね! 「ここまで来たか、相対性理論」とちょっと感動しました。映画監督の大林宣彦さんのコメントがとても印象深かったです。