早分かり! クアラルンプールのエリアガイド  

多民族国家としての幅広い魅力、アジアの「今」と「昔」が混在する面白さ。そんなマレーシアの魅力をぎゅっと凝縮した街が、首都クアラルンプールです。クアラルンプールも訪れる場所によって、その楽しみ方はさまざま! こちらではクアラルンプールの代表的エリアと、その特徴をあわせてご紹介します。

KLCC周辺

8時半から配布される入場整理券を手に入れれば、スカイ・ブリッジから見学が出来る

8時半から配布される入場整理券を手に入れれば、スカイブリッジから見学が出来ます

憧れブランドからお手頃ブランドまで、何でも揃うスリアKLCC

憧れブランドからお手頃ブランドまで、何でも揃うスリアKLCC

周辺に近代的な高層ビルが立ち並ぶ、クアラルンプール最大のビジネス街がKLCC(Kuala Lumpur City Centre)と呼ばれるエリアです。中でも高さ452メートルの高さを誇るオフィスビル、ペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Tower)は、クアラルンプールのランドマーク。ツイン・タワーは41階のスカイブリッジで結ばれていて、こちらからクアラルンプール市内を一望することが出来ます。またスリアKLCC(Suria KLCC/ショッピングモール)が併設されていて、ショッピングを楽しむことも可能です。隣のKLCC公園(Taman KLCC)は、ビル群に囲まれたまさに都会のオアシス! 約1900種ともいわれるマレーシア原生林で彩られていて、市民の憩いの場となっています。

クアラルンプール市内の眺望なら、KLタワー(Munara Kuala Lumpur)も負けていません。通信タワーであるここちらには、展望台やレストランも。夜景もおすすめです。

 

マンダリン・オリエンタルのプールからはKLCC公園が一望できる

マンダリン・オリエンタルのプールからはKLCC公園が一望できる

またKLCC周辺は、ラグジュアリーホテルが多いことでも有名です。マンダリン・オリエンタルシャングリ・ラシェラトン・インペリアルホテル・マヤなど。都会に居ながらリラックス感を誘ってくれる最高級のサービスが自慢です。地元のエグゼクティブたちが多く訪れる、雰囲気のよいレストランやバーも次々とオープンし、まだまだ目の離せない発展中のエリアがKLCC周辺なのです。