怪奇ドロップとは??

――はじめまして。怪奇テクノの特集記事を書こうとして、Googleって怪奇ドロップを発見したのです。自ら怪奇テクノと堂々と名乗る人たちがいると知って、それは嬉しかったです。

押切:今となっては怪奇テクノという言葉を自分で発するだけで顔から火が出る始末です。

――押切さんの漫画家としてのサイトの名前はカイキドロップで、ボクは怪奇ドロップと混乱してしまいました。名前の由来とかあれば、教えてください。僕の勝手な憶測ですが、電気グルーヴのような語感で怪奇ドロップなのかなぁーと。

FQTQ:押切さんが個人で作った曲を「押切蓮介」と言う名前を使わずに「怪奇ドロップ」という名で発表していたんですよね。

押切:サイトを作るとき、サイト名を怪奇何とかにしようと思っていたのですが、丁度その時ドロップを舐めていたのでソレにしたのです。バンド名を考えるのが面倒だったのでそのままサイト名を使っちまいました。

夕闇ライダー

――現在まで正式なアルバムとしては、2004年にカイキレコーズからドロップされた『夕闇ライダー』のみですね。この時点では、押切さんのソロ的活動ですよね。漫画家って、〆切とかで追い詰められて、忙しいイメージがありますが、どうしてCDデビューしようと思い立ったのですか?
amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
夕闇ライダー
01.イントロ
02.今朝は金縛り
03.お経乱舞
04.怪しい視線が僕を狙う
05.サメがくる
06.空怨
07.僕らを襲う鬼ババア
08.オトシダマ
09.苦悩な日々
10.メッセンジャーの歌
11.怪談テクノ
12.逃げ腰
13.夕闇ライダー
14.テニスの歌(FQTQ MIX)


FQTQ:僕が押切さんと出合ったときに押切さんがCDを出したがっていて、どうやって制作するのか説明して実現したと言う感じですね。

押切:漫画家になる前から音楽を作っていたのでCDを作るのは夢だったのです。プレスしたCDを100円くらいで売ろうとしたら、FQTQさんに「ちゃんとやれ」と人殺しの目つきで見られ、ちゃんと1500円の製品として売ることにしたのです。

――「怪談テクノ」や「お経乱舞」は、従来のテクノの既成観念を打ち破る意欲作だと太鼓判を押したいです。ちなみにお経はだれが唱えているんですか?

押切:お経は僕のおじいちゃんです。・・・と言いたい所ですが効果音CDから持って来ました。すみません・・・

――怪奇なお題ではないですが、「オトシダマ」「テニスの歌」に見られる、鼻歌のようなテクノはある意味新鮮でした。脳内に停滞してしまう威力があります。これはやはり鼻歌の勢いで作っちゃったんですか? 「テニスの歌」はサイトでオリジナルがダウンロードできますが、オリジナルと収録のFQTQ MIX版(シュールにかっこいいFUNKYリミックスだと思います)を両方とも聴くのが、正当だと思います。

押切:僕と清野氏が探検中、大学生男女がとても楽しく素敵にテニスをしているのでそれを妬み、怨念を込めながら酒の席の和民で作りました。しかも相当泥酔していたのであまり記憶がございません。

FQTQ:ありがとうございます。サイトにあったテニスの歌をボーカルの録音からやり直してREMIX版を作ってCDに収録しました。

――CDのマスタリングはFQTQさんですね。以前からお二人は知り合いだったのでしょうか?

FQTQ:「夕闇ライダー」の制作を開始する2ヶ月くらい前に知り合いました。知り合ってから発売するまで5ヶ月くらいでしたね(笑)。毎週のように会って、もの凄い勢いで打ち合わせやら制作やらしていました