歌人としては、二人目となる川上史津子さんに登場いただきます。このインタヴュー、「テクノポップ」と何の関係があるのか? 前回の笹公人さんは、スーパーテクノ歌謡ユニットである宇宙ヤングという言い訳がありましたが、今回は男らしく宣言します・・・これも縁です! 深く考えない、とやかく言わない。

女優・川上史津子

Photo by Chieko Ishizawa
――川上さんは、もともとは日本大学芸術学部演劇学科卒業されている舞台女優さんですよね。女優を目指すきっかけは?

本当にまだ幼い頃から、お芝居やTVドラマが大好きだったんです。久世光彦さん演出の『ムー』『ムー一族』や『寺内貫太郎一家』とか。マセガキでした(笑)。演じる側への憧れが漠然とあって、小学校・中学校とずっと演劇部でした。中1で劇団四季の『CATS』の日本初演を観た時、客席に猫がやってきて握手をしてくれたのですが、「ああ、私はアッチ(握手を"する")側に行こう!」と、心に決めた事を覚えています。『ガラスの仮面』も、リアルタイムでした。いつの間にか、マヤちゃんの年齢はおろか、紫のバラの人の年も越えちゃいましたけど(笑)。

高校では音楽部でした。オーケストラと合唱に分かれていて、文化祭でオペラを上演するんです。私は合唱班にいて、2年生の時にはオペラのソリストを勤めました。マスカーニ作曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」のローラという、男ったらしの役(笑)。出番はホンのちょびっとだったんですが。高校の3年間は、クラシックバレエと声楽を習っていました。お芝居の役に立つと思いまして。

――シェイクスピア原作・窪田あつこ脚本・演出によるアイ・ドリングストップ花歌マジックトラベラー公演『夏の夜の夢のよう~朝が来る前に妖精を消せ~』では、アマゾン族の女王、ヒポリタ役をされていましたね。演劇にさほど詳しくない私ですが、2時間半という時間がめくるめく経っていきました。とても、舞台栄えするお顔立ちですね。女優としての舞台の魅力は何なんでしょう?

ありがとうございます。化粧を取ると同一人物だと思ってもらえない程、化粧映えするんです、ワタシ(笑)。

これはあながち冗談では無くて、衣装やメイク、小道具、装置、照明、音楽、そしてもちろん相手役との交流・・・。演者はあらゆるものの力を借りて舞台の上に幻を創り上げる。そうして目の前のお客様に、日常から離れた夢のひとときを味わって頂く。これこそが演劇の醍醐味だと思っています。・・・な~んて、カッコ良すぎ(笑)?