よく考えると、これはライヴ・レポートではないですね。でも、気持ち的にはライヴです。まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、6月28日午後8時から夜明けまで爆音娘。は、大阪キタEXPLOSIONにて萌えました。

客入りはどうだったのか?

EXPLOSIONは、大阪キタの歓楽街として有名な阪急東通り界隈にあります。開場してまもなくの時点でヒロシさんに尋ねると、既に130名のお客さん。そして、最終的には、200名ぴったしという、大成功と胸をはれる結果でした。東京ではあったらしい、入場制限はかけられませんでしたが、ハコは人でいっぱい。DJブース前は、もう大変な状態。

どんな客層なのか?

爆音娘。は、モーヲタの聖地的な見方をされています。でも、「お客さんは全部モーヲタです」という言い方には語弊があるでしょう。モーヲタの定義にもよるわけですが、もう少し、深い解析が必要です。スタッフも含めて、約215人がいたわけですが、その内訳を適当に報告します。

スポーツ・カジュアル系 18%
ナチュラル・カジュアル系 18%
ストリート・カジュアル系 14%
女の子系 10%
ガテン系 9%
ハチマキ(タオルを含む)系 7%
モード系 6%
サラリーマン系 3%
パンク系 3%
ロン毛系(スタッフですね) 1%
あいぼんヘア系(3ページ目見てね) 0.5%
外人系 0.5%

グループで来ている人、カップルで来ている人、1人で来ている人など、その客層は思ったよりも幅広かったし、盛り上がり方はグループによって違いましたが、排他的なムードはなく、大きな問題も起こらずにイヴェントは進行していきました。