秋葉原で弾き語りを観て以来(記事はコチラ)、待ちに待ったセレン バンド編成でのLIVEに行ってきました。観る前から「ほら、やっぱりバンドの方が合ってるじゃん」という内容で記事にしようなんて舐めた気持ちでいたら、痛い目にあってしまったのです。

セレン with His Band
2007年10月4日 @ 南青山 月見ル君想フ

Photo by Ryota Baba
1曲目「口笛」の冒頭から、セレンのヴォーカルに驚かされてしまった。この人の唄って、こんなに太かったっけ?!

画像からオフィシャル・サイト「LIVE PHOTO」ページへリンク、当日の写真がもっと見られます
バンドのメンバーは、ギター:平泉光司 (COUCH)、ベース:伊賀航 (lake、細野晴臣 & 東京SHYNESSほか)、ドラムス:末藤健二 (つじあやのほか)。

30分強のステージを聴き終わった後いちばん印象に残ったのは、セレンの「唄」でした。百戦錬磨のつわもの達が紡ぎ出すサウンドが、抑制が効いていて主役を立てるものであったとはいえ、バンドを完全に掌握してつくりだされる世界は、まさに"ソロ"だ。

ポップな楽曲群をバンドでドカンとやってくれればそれでOKだろうという予想は見事に覆されました。弾き語りを中心とした活動を続けている彼の姿勢に、なんだかとても納得させられた夜だったのです。

LIVE終了後、物販に1st.アルバム『静かな夜を』が置いてあるのを見かけたので購入(2nd.は前回購入済)。そのことをセレンさんに伝えると「ちょっと青いので恥ずかしい」、「早く次を出したい」なんて言っていました。

新作は勿論楽しみだし、早く形にしてほしいという気持ちもありますが、その後も演奏する毎に新曲が披露されていたり、入場無料のフリーLIVEで悪戦苦闘※したりしている様子が伝えられるのを読むにつけ、時間がかかっても良いから納得のいく形で届けてほしいな、なんて思ったりもして。

※ 入場無料のフリーLIVEで悪戦苦闘
オフィシャル・サイトの「Diary」Mon.10.29.2007 より


【SET LIST】
  1. 口笛
  2. 雨に踊れ
  3. 無名の恋に花束を (新曲)
  4. グッドバイ
  5. 60億のソネット
  6. DECADE

→次のページ は 「村瀬拓也の2作品」