世界でいちばん景気の良いクリスマス・ソング、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」を街中で耳にするようになるといよいよ年末、を感じます。2007年はまだ寒くない時期から携帯電話のCMで大量にOAされていたので季節感が少し狂ってしまいましたが。

クリスマス・ソングス イントロダクション

クリスマス・ソングス
V.A. 『クリスマス・ソングス』
口当たりの良いクリスマス・ソングを、POPからROCK、レゲエにR&Bとジャンル、新旧を問わず38曲も収録した2枚組
CDショップでは年末商戦の目玉となるクリスマス向けアイテムが今年も各レコード会社から発売されています。洋楽CDではJohn Lennon & Yoko Onoの「Happy Xmas (War Is Over)」、Mariah Careyの「All I Want for Christmas Is You(邦題:恋人たちのクリスマス)」、Wham!の「Last Christmas」という3強が一気に聴けるコンピレーション『クリスマス・ソングス』が話題です。

これ、J-POPでいったら山下達郎の「クリスマス・イブ」と松任谷由実の「恋人がサンタクロース」、 B'zの「いつかのメリークリスマス」がいっしょに入っているようなものですな。

しかも、(2枚組なのに)散らさないで1枚目の冒頭に立て続けに収録されているあたりに 『R35』(関連記事はコチラ)に代表される今年のコンピレーションの傾向~押して押して押しまくる~を感じます。

しかしクリスマスって、その日がくるのを待ち望んでいる人達だけのものではないですよね。なんの気無しにクリスマス・ソングをハナウタしてしまって、テースト・オブ・苦虫を味わっている、そんな貴兄に次の3曲を捧げます。まるで他人事のように。

→次のページ は 「MADなクリスマス・ソング 第3位」