吹く風に秋の気配がチラホラと感じられる季節になりましたが、まだまだ夏気分を楽しみたい! という方におすすめしたいのが、シーカヤックでの海散歩。泳ぐでも潜るでもない、爽快なシーカヤックを楽しんでみませんか? 南の海とはひと味違う北の海ならではの楽しい発見もありますよ。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/0/3/9/8/c1.jpg


小樽でシーカヤックに挑戦

海散歩のスタートは、札幌から1時間ほどの小樽市「塩谷海岸」。透明度の高さで知られる”オタモイ海岸”の先にある、小ぢんまりしたビーチです。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/0/3/9/8/c2.jpg
▲日本セーフティ?カヌーイング協会公認カヌースクール「ブルーホリック」
この海にほれ込み、シーカヤックの楽しさを伝えているのが、シーカヤックステーション「ブルーホリック」の代表、嘉藤暖博(かとうあつひろ)さん。嘉藤さんがこの海を選んだのは、「洞窟や奇岩が続いて、短時間でも魅力が凝縮された面白いフィールド」だから。これは期待できそうです♪

透明な海にウニを発見!
洞窟や海藻の絨毯をすーっと

基本的なパドル操作のレクチャーを受け、いざ海へ。海用のカヤックはかなり細身で不安定に見えたけれど、漕ぎ出すと気持ちよくスーッと進みます。海面が間近で、泳ぐでも潜るでもない、海との距離感が新鮮。いい気持ち!
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/0/3/9/8/c3.jpg

塩谷の海は思いのほかキレイ。深い青やエメラルドグリーンなど、場所によって海の色はさまざまでしたが、海底までクリアな視界。
干潮だったこともあって、浅瀬は海草の絨毯を敷き詰めたような眺め。岩場には鮮やかな色のヒトデやムラサキウニが! この辺が南の海では見られない、北の海ならではの光景。

視線を上に向けると、切り立った岩場や断崖には、海鳥たちのコロニーが。低く旋回する海鳥や、波の上で遊ぶヒナたちと同じ目線で併走する楽しさも。一方で、カヤックが一艇ギリギリ入る狭い岩場を通るなど、カヤックと一体になる楽しさを体感できます。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/0/3/9/8/c4.jpg
▲洞窟を冒険感覚で楽しめます♪
このコースのメインが「洞窟」。塩谷の海岸線には浸食作用でつくられた洞窟がいくつもあるんです。ここを通り抜けできるのは、身軽なシーカヤックならではの面白さ。半円状の洞窟に入ると、海鳥の鳴き声も波の音もはたと消え、光が届かない海食洞に、パドルを漕ぐ水音だけが静かに響きます。ちょっとした冒険気分を味わえますよ。

▼初心者はもちろん、3歳から体験OK! 初秋まで楽しめます! 次ページでは、データをご案内します▼
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/0/3/9/8/c5.jpg