演劇・コンサート/演劇・コンサート関連情報

ウィーン版「エリザベート」製作発表(2ページ目)

日本初演から11年。絶大な人気を誇るミュージカル「エリザベート」のオリジナル版であるウィーン版が、2007年春、初来日。ウィーンのベストメンバーが、フルオーケストラと共に完全引っ越ししてきます!

執筆者:長谷川 あや

音楽は、言葉を超えるユニバーサルなもの

画像の代替テキスト
左から、ルカス・ペルマン、マヤ・ハクフォート、マテ・カマラス

マヤ・ハクフォート(エリザベート役):
私はこの作品をもう1000回以上演じてきました。これほど演じた役柄はほかにありませんが、今でも演じるたびに、この作品のすばらしい楽曲を歌えることに喜びを感じています。その私にとって、日本で公演ができるのはとても名誉なことです。私は音楽はユニバーサルなものだと信じています。日本のみなさまには私たちの言葉はおわかりいただけないかも知れませんが、音楽を通して私たちの心をご理解いただけると信じています。『エリザベート』という作品は、一人の女性が男性社会の中で戦い、自分自身を見出していく作品でもあります。エリザベートの心の動きを舞台で表現するのはとても難しいことですが、同時に大変やりがいを感じています。

マテ・カマラス(トート役):
今回の初来日をとても喜んでいます。私とエリザベートとの出会いは、1996年。ハンガリーの大学で勉強していたときのことでした。ある友人に、この『エリザベート』という作品を観ることをすすめられ、トート役が合っているのではないかと言われたのです。この2年後にブタペストでこの役を得て、以来、トートと私は同化しています。この役と私を繋いでくれたリーヴァイ氏には、心から感謝しています。今回、日本で客演できることも、この上ない喜びです。

ルカス・ペルマン(ルドルフ役)
来年2ヵ月半も日本に来て、日本の文化と国と食事を体験できるなんて、まだ信じられません。このことで、みなさんの文化を知ることができる幸せに感謝しています。インターネットや飛行機の発達で世界は、小さくなりました。グローバル化の中でもいまだ存在する憎しみや苦しみといったものを、こういった文化の交流の中で避けていくことができるのではないでしょうか。この公演がきっと素晴らしいものになること、みなさんにご満足いただけることを信じています。


●公演情報
<ウィーン版>ミュージカル『エリザベート』
[脚本・歌詞]ミヒャエル・クンツェ
[音楽]シルヴェスター・リーヴァイ
[オリジナルプロダクション]ウィーン劇場協会

大阪公演
ウィーンオリジナルの舞台装置を可能な限り再現したオリジナル版
[日程] 2007年3月28日(水)~4月30日(月・祝) 
[会場] 梅田芸術劇場メインホール

東京公演
ウィーンのフルキャスト、オーケストラによるコンサート版
[日程] 2007年5月7日(月)~5月20日(日)  全16回公演
[会場] 新宿コマ劇場
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で演劇関連の商品を見る演劇
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます