生の舞台が、映画よりも安価で楽しめちゃう

画像の代替テキスト
「新国立劇場」。京王新線初台駅直結、渋谷、新宿から車で数分と立地も○
演劇やコンサートのチケット──、多くの人にとっては、ひょいひょい買える値段ではないですよね。シアターゴーアーなガイドは、毎月、公演情報を見ながら、「今月はどれを見よう?」と予算のやりくりに必死。輸入モノのミュージカルなどは、1万円を超えるものも多く、ましてやオペラなんて~。流行の洋服が1~2着買える値段だったりします(でも、観たい、聴きたいんですけどね)。

ガイドが初めてオペラを観たのは新国立劇場──1500円のZ席でした。Z席は、新国立劇場名物の、お買い得席。オペラもバレエもダンスも演劇も、新国立劇場主催の公演では、必ず用意されていて、販売は、当日のみ。新国立劇場窓口か、ぴあ限定5店舗の窓口のみの販売になります。また、学生には、前日にぴあ5店舗で先行販売も行われます。

オペラ劇場、中劇場、小劇場の3つの劇場を有する新国立劇場では、海外から著名キャストを招聘してのオペラ、バレエ公演や、上質なオリジナル演劇を上演しています。そんなハイレベルの作品が、なぜ1500円という破格で楽しめるのでしょうか? 広報担当の高梨さんに話を伺いました。

先の日程のチケットが買いにくい人にもおすすめ


画像の代替テキスト
新国立劇場・オペラ劇場
「海外の劇場では、開演直前に販売する立見席があったりして、天井桟敷に勉強中の方や若い人たちがラフな格好で来ていますよね。海外旅行で一流歌劇場を訪れると、立ち見を体験した方も沢山いらっしゃると思います。日本でも、歌舞伎の一幕見席には、若い人が来たり、また逆に通の方が通いつめていたりしますね。新国立劇場も、高いチケットは買えない、先の予定が立てにくい、でもちょっと来てみたいという方に観劇していただくチャンスを作ろうということで、このZ席を設けました」(高梨さん)

もちろん席の条件は、最後列やサイドだったり、オペラ劇場では4階席だったりと、席の条件は良くはありません。

「でも日本一ともいわれるオペラ劇場の音響では、4階席の方がむしろ響きがよいとおっしゃる方もいますし、損はしないと思います。新国立劇場では年間を通じて公演を行っていますから、話題の映画をチェックする感覚で、時間ができた時に公演情報をチェックして、気軽に足を運んでいただけたらと思います」(高梨さん)

学生の人にはさらに朗報も! 新国立劇場には、当日学生券というシステムがあり、当日残っていれるすべての席が、半額で購入できるんです。例えばオペラの2階席1万円の席が5000円で見られてしまうなんて、まさに学生の特権。うらやまし~!

「新国立劇場のチケットの残席状況は、いつでもオンラインで概要が見られます。ネットのWebボックスオフィスや携帯の「ぴあ」のサイトでさくさくチェックして、学生証片手に劇場に立ち寄る、そんな楽しみ方をぜひ体験していただきたいと思います」(高梨さん)

販売枚数に限りがあるので、早い時間に売り切れてしまうこともあるけれど、思い立った日に、映画よりもリーズナブルな値段で、生の演劇・オペラが楽しめるなんて、世の中、けっこうおいしい話が転がっているのものです。

新国立劇場中劇場
Yahoo!地図情報

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で演劇関連の商品を見る

演劇

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。