ドル札
たった1話に出演するだけで2億円のギャラを手にする大人気ドラマの俳優がいます
セレブという単語が日本に定着して間もないですが、そもそもこのセレブってどういう意味かご存知ですか?セレブとはセレブティー(celebrity)の略語で、名士、有名人のことを指します。

日本に入ってきている海外ドラマは、すでに自国で高い人気を集めているものばかり。その中でもアメリカの人気ドラマに出ている有名な俳優たちは立派なセレブで、日本のドラマ出演者とは比較にならない程のギャラを稼ぎ、優雅な暮らしをしています。

今回は、彼らの超豪華な生活をご紹介いたします!


<INDEX>


♦セレブのお給料HOW MUCH!?・・・P.1
セレブの豪遊ぶり・・・P.2
セレブ御用達のお店リスト・・・P.3



となりの サインフェルド
大ヒットとなった『となりの サインフェルド』のジェリー・サインフェルドがドラマで稼いだ金額はギネス記録になりました。

破格のギャラのためドラマが終了

アメリカ・ドラマのABCでご紹介した通り、アメリカのドラマは年に数回行われる視聴率ランキングにより、ドラマの存続が決まります。

そして、このランキングにより、ドラマに出演している俳優・女優たちのギャラも決定されるのです。

もちろん高視聴率を稼ぐドラマに出演している有名な俳優たちは、番組続行に伴い行われるギャラの交渉を強気に行うことが出来ます。

放送10年目になる去年、多くのファンに惜しまれながら番組の幕を閉じた大ヒット番組『フレンズ』のギャラも破格なもので、番組が終了したのもメインキャスト6人に支払われるギャラが原因だったと言われています。

1994年にドラマがスタートした時、彼らのギャラは1話あたりUS2万ドル(約200万円)でした。ドラマはヒットし、ギャラも1話あたりUS12万ドル(約1200万円)とジワジワと上がり始め、2000年5月に行われたギャラ交渉では、1話あたりの出演料US75万ドル(約7500万円)で合意。なんと、約6250万円もアップしたのです。その後、数字は上がり続け最終的には、1話あたりの出演料として6人にそれぞれUS100万ドル(約1億円)づつ支払われたのでした。たった1つのエピソードに出演するだけで1億円稼げるなんて凄いと思いませんか。

また、根強いファンが多い『ER 緊急救命室』に出演していたアンソニー・エドワーズとノア・ワイリーに対して支払われていたギャラは、1話あたり200万ドル(約2億円)でした。何だか目が回ってしまいそうですが、上には上がいるもので、アメリカで爆発的なヒットコメディとなった『となりの サインフェルド』のジェリー・サインフェルドが、ドラマ終了の年となった1998年に稼いだ額はトータルでUS2億6千7百万ドル(約267億円)でした。これはギネスにも載っている記録です。

次は"セレブなお買い物"です次ページへ>>