新年で気になるのは今年の運勢。見ると縁起のいい映画ってあるのでしょうか?今回の記事では、運気アップのキーワードを元に「見ればきっと縁起のいい映画」をピックアップします。

運勢アップキーワード その1掃除

バグダッド・カフェ
『バグダッド・カフェ』で心と部屋の掃除を学んじゃおう
もう大掃除の時期ではありませんが、一年を通じて整理整頓して、きれいに過ごすのは運勢アップの重要事項。映画の中では整理整頓されお洒落な部屋がたくさんでてきます。インパクトの強い掃除のシーンがでてくる映画なら『バグダッド・カフェ』がナンバーワンです。

主人公のジャスミンは、掃除をどんどん進めていきながら、心もお掃除されてきれいになっていきます。居場所を文字通り砂漠のオアシスに変えていくのです。まるでマジックのように。掃除するだけで世界がどれほど変わるのか、この映画は教えてくれるのです。

運勢アップキーワード その2笑顔


怒った顔や悲しげな顔は運勢アップの大敵。でも、いつでも笑顔を浮かべているのも変かもしれませんが、サービス業やモデルやダンサーはいつでも笑顔が必要です。悲しいときに笑顔の練習をするシーンが印象的なのは『フラガール』。笑顔でいれば、いつの間にか幸福な気分が芽生えてきたりします。形から入って、気分を上昇させることだってできるのです。

運勢アップキーワード その3 感謝

アースの画像
『アース』(C)BBC Worldwide 2007
お正月に初詣に行った人も多いかと思います。敬虔と感謝の気持ちを持つことは運勢アップの上でも大切。雄大な宇宙や地球の光景を見ると感謝の気持ちが芽生えてきます。私たちは独りで生きているわけではなく、支えられ育まれて生きていることが思い出されます。

1月12日公開の『アース』は、驚異の映像で地球を捉えたネイチャードキュメンタリー。この機会に私たちが住んでいる地球を改めて考えてみる上で注目を集める映画です。宇宙まで視野を広げるなら、ジョディ・フォスター主演の『コンタクト』がおすすめです。

【関連リンク】
『アース』オフィシャルサイト2008年1月、日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にてロードショー
『フラガール』
『バグダッド・カフェ』
『コンタクト』

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。