日本に韓流ブームを巻き起こした「冬のソナタ」。その映像美と心が洗われるストーリーで知られるユン・ソクホ監督の最新作が10月5日から、NHK BS2でスタートします。「春のワルツ」は、「秋の童話」、「冬のソナタ」、「夏の香り」に続く四季シリーズ最終章。放送開始を目前に監督が来日し、「春のワルツ」について、そしてユン・ソクホワールドについて語りました。

「自然を背景に愛を描きたかった」

久しぶりに日本メディアの前に姿を現したユン・ソクホ監督
—作品の中には考え方や生き方というものが表れると思いますが、「四季シリーズ」を貫いている監督の考え方や生き方とはどのようなものでしょうか。

「季節は自然の中に一番よく表れます。自然を背景に愛の物語を描きたかったのです。人間も自然の一部であり、自然にいる中で自分が浄化・純化されるという気がします。文明が発展し純粋な感性が希薄になる中、そういうものを描きたいと思いました」


—「春のワルツ」にもとてもきれいな風景がたくさん出てきます。また、人の記憶について描くことが多いようですが、それはなぜでしょうか。
監督が最も思い入れのあるロケ地というハート型の湾のロケ地

「今回は撮影が始まる2年前から島のロケハンを始め、30箇所から40箇所を見てきました。韓国も現代化が進み、自分のイメージに合う島はなかなか見つかりませんでした。その中で発見したのが青山(チョンサン)島でした。また記憶というものは、すべての人が持っているもので、自分の中にある幼い頃の記憶が生きていく力を与えてくれることが多いと思います。私も先日、アメリカに住んでいる幼なじみに会い、語り明かしました。そういうことが生きる力を与えてくれる。記憶が時間と共になくなってしまうという思いがあり、それを残念に思っています。それをそのままにしていいのかという自問もあり、思い出を大切にしようという傾向にあるのかもしれません」

期待の新人ソ・ドヨンを主役に起用した理由は……次ページで!>>