映画「四月の雪」のプロモーションのため、ついに来日したペ・ヨンジュン!8月31日、さいたまスーパーアリーナで行われたイベント「April Snow—再会—」が行われました。集まったファンの数は2万5000人!そしてさらに全国6箇所にもうけられた特別会場で同時中継が行われ、5000人が時を共にしました。3万人が見つめた超ビックイベントは、警備もビッグで600人。そして会場でのグッズの売り上げが一億円を突破するというケタ外れの記録となっています。
ステージはハート型。そこで行われたイベントで、ヨン様が語ったことの詳細をお伝えします!

照明監督のインスになりきってヨン様登場

待ちに待ったステージにファンたちは大興奮!(c)2005 IMX
イベントは映画「四月の雪」のサウンドトラックに参加しているユニット、ラブホリックの歌でスタートしました。歌が終わると…ペ・ヨンジュンが花道の下から登場しました。スタッフジャンパーを着て、舞台照明としてスタンバイしていたのです。そう、今回の映画で彼が演じるのは舞台の照明監督役。役柄のインスになりきっての登場という、心憎い演出です。

「皆さん、お久しぶりです。お元気でしたか?こんなにたくさんの方々がお越しくださり、非常にうれしく思いますし、感謝しています。またお会いできてうれしいです。みなさんにとっても会いたかったです。ここで皆さんと出会えたことはすばらしい思い出になると思います。家族の皆さん、いつも応援してくれて本当にありがとうございます」

最初のあいさつは、日本語を交えて。左手を胸にあてるおなじみのポーズに会場が沸きました。

続いて相手役のソン・イェジンが登場。映画のメイキング映像が巨大なスクリーンに流れた後は、ホ・ジノ監督も交えたトークライブが始まりました。

「大変だったのは監督のせい!」撮影中のエピソードは次ページで!>>