幻の名(迷?)バラエティ

画像の代替テキスト
大人のコンソメ(DVD) 出演:おぎやはぎ、 劇団ひとり ほか
※いま見れば新たな面白さが発見できるかも。放映されたシーンはもちろん、新撮映像や特別企画などの未放映シーンなども収録。
テレビの世界では、昔からし烈な順位争いが繰り広げられてきました。視聴率競争は、ゴールデン、プライム、全日の3部門に分かれ、この3つを制覇すると「3冠王」を名乗り、社を挙げて鼻高々な状態がしばらく続きます。

ただ、この3部門のうち全日(全日平均)については、意外にご存じない方が多いようです(もともと視聴率は業界内の取り決めなので、当然といえば当然なんですが)。全日とは全放送時間という意味ではなく、午前6時~深夜0時までの18時間を指す用語なんです。

したがって、深夜0時以降の深夜番組の人気はカウントされませんが、その深夜帯での視聴率争いの中で健闘しているのが、テレビ東京なんです。予算も出演陣も他のキー局に比べて豊かとは言えない中、オリジナリティあふれる企画力で、目を引くバラエティをコンスタントに生み出し、他局と互角に戦ってる感があります。

テレ東バラエティのパイオニア

前置きが長くなりましたが、そんなテレ東の深夜バラエティ隆盛のきっかけになったのが、知る人ぞ知る「大人のコンソメ」なんじゃないかと。いや、これは統一見解ではなくて、当ガイドが密かにかつ、勝手に思っていることなんですが(笑)。

2003年秋にスタートした「大人のコンソメ」は、正直あまり注目されたとはいい難いものの、その後のバラエティへ確実に大きな影響を残しています。レギュラーメンバーは、おぎやはぎ、劇団ひとり、スピードワゴン、ダイノジ、そしてアシスタント的役割の白羽玲子。このメンツを7年前に揃えたことに、制作サイドの目利きぶりがうかがえます。

放送開始当初のコンセプトは「子供の疑問に対して。レギュラー陣が専門家にインタビューをする」というもの。実は当ガイド、番組立ち上がりの際に、スタッフの方へインタビューさせていただいたんですが、真剣な表情で話を伺いながらも、内心「その企画、どうなの?」と呟いていたのは、今だから言えるここだけの話。

7年前の番組を、なぜ今また語るのか?