2007年2月12日——宙組トップスター・貴城けいさん、娘役トップスター・紫城るいさんが、幕末青春グラフィティー『維新回天・竜馬伝!』-硬派・坂本竜馬III-/グランド・レヴュー『ザ・クラシック』-I LOVE CHOPIN-の千秋楽(東京宝塚劇場)にて宝塚歌劇団を退団しました。


サヨナラショーは、宙組トップお披露目作品の『コパカバーナ』の「DancingFool」に始まり、『ワンダーランド』『ネオ・ヴォヤージュ』『Joyful!!』『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』『アンナ・カレーニナ』『アメリカン・パイ』『DAYTIME HUSTLER』『ささら笹舟』『仮面のロマネスク』『I have a dream』と思い出深い作品が並びます。

ラストは、貴城けいさんがディナーショーでも歌い、CD「TAKASHIRO Kei Single Collection 2001~2006」の最後にも入っている曲「奇跡」。宙組生と観客が見守る中、堂々と伸びやかに歌い上げました。


また同時に、貴羽右京さん(1995年入団)、天翔ゆうりさん(1999年入団)、純あいらさん(1999年入団)、咲花 杏さん(2001年入団)、白峰さゆり(2003年入団)も退団しました。


貴城けい

かしちゃんこと貴城けいは、1992年雪組『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏みました。

同期生には、月組トップスター・瀬奈じゅんさん、元月組トップ娘役・檀 れいさん、月組の大空祐飛さんらが。

初舞台の翌年、雪組に配属され、2006年宙組に組替え。和央ようかさんの後任として宙組トップスターとなりました。


主な舞台歴

雪組時代(1992年~2000年)

1994年 『風と共に去りぬ』新人公演/チャールズ(本役・轟 悠・高倉京)
1995年 『あかねさす紫の花』新人公演/天比古(本役・高嶺ふぶき・轟 悠)
1996年 『エリザベート』新人公演/ルドルフ(本役・香寿たつき)
  『アナジ』不知火
1997年 『仮面のロマネスク』新人公演/ヴァルモン(本役・高嶺ふぶき)
*初主演
  『真夜中のゴースト』新人公演/エルドリッジ(本役・轟 悠) 
1998年 『春櫻賦』新人公演/謝名龍山(本役・轟 悠)
  『ICARUS』アーノルド・キャンベル
  『浅茅が宿』りん弥 新人公演/勝四郎(本役・轟 悠)
1999年 『ノバ・ボサ・ノバ』ボールソ
2000年 『ささら笹舟』明智光秀/妻木幸四郎/旅の雲水 
*バウ初主演
  ドイツ・ベルリン公演『宝塚 雪・月・花』『サンライズ・タカラヅカ』に参加
  『凱旋門』アンリ