○○へ行くまでの移動


開演約2時間前にバスで到着した生徒たちは、舞台や楽屋をまず知ることから始めなければなりません。ややこしい構造の舞台裏の劇場もよくありますから。なのでまずは楽屋探検。舞台探検。

楽屋から舞台袖まではどうやって行けばいいの? 
早替り場所から舞台袖まではどうやって行けばいいの? 
上手から下手にはどうやって行けばいいの?
花道にはどうやって行けばいいの?
客席から登場したり引っ込む場合、どうやって行けばいいの? 

これを把握していないと迷子になっちゃい、出遅れしてしまうことだってあります。

把握したつもりでも、早替りをしながら「で……次、ワタシはどっちに行けばいいのぉ~!」なんて思うのは当然。毎日劇場が変わる中、ふと別の劇場と錯覚を起こしたりするもんです。


他にも……
カツラのお手入れが大変。
楽屋で毎回、たくさんの化粧品を並べ、それをまた片付けるのも結構大変。
終演後のんびりする暇もなく、急いで衣装などを片付け、私服に着替え、化粧を落とし、楽屋出をするのも大変。
最下級生は何かと雑用が多く、これまた大変。

そう。全国ツアーは大変。でもそれを、順応性と助け合い精神で乗り切ってしまうのがタカラジェンヌ。


と……大変!ばかりお話してしまいましたが、楽しいこと、うれしいこともたくさんあります。

色々な街へ行ける。移動日には時間もあり観光もできる。その土地のオイシイものも食べられる。
ちょっとした旅行気分。

ずーっといっしょに行動するから、お互いを深く知るきっかけも増えます。普段はなかなか話せない上級生と、親しくなれる機会も多いです。
公演の大変さの裏に、楽しい思い出がたくさん作れます。


そして一番うれしいのは……ホームグランドの関西や関東からもファンの方々が観に来て下さったり、その街のファンの方が楽しみに待っていて下さること。
また、初めて宝塚歌劇を観劇して下さる観客がいて下さることでしょうね。


ホームグランドの公演同様、宝塚歌劇の全国ツアーを、これからも楽しみに待っていて下さいませ。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。