■移動手段は?

飛行機、新幹線をはじめ電車、そして貸切バス。駅から劇場までが近い場合はタクシーの場合も。
とにかく生徒全員団体行動。トップスターであろうとそれに変わりはありません。
同行スタッフは、生徒より早く劇場入りする、生徒より後に劇場から出るため、別の場合がほとんどです。


■宿泊は?

生徒は全員同じホテルに。たまに二箇所に分かれる場合もありますが。
部屋割りはシングルであったりツインであったり。旅館の場合は数名で…という時も。
香盤順なので、同期と同室になるとは限りません。


■引率者は?

その組の生徒監のお父ちゃんです。


■私物は?

一ヶ月弱の旅の私物を持って移動するのは大変。なので私物専用のボテに私服などの私物を入れ、衣装などと同じくトラックで運ばれます。
だから手に持つ私物は少なく、劇場(楽屋)で必要なものを交換します。ボテに私服を詰めるので、全国ツアー中の生徒の私服はラフなものになります。


以上、Q&Aでした。


本公演をご覧になった方は「やっぱり本公演の方が豪華ねぇ~」と感じられることでしょう。でも「できる限り本公演と同じ華やかさを出したい」「同じ感動を与えたい」「より多くの方に、宝塚歌劇の魅力を伝えたい!」と、スタッフ&出演者は頑張っています。

また、本公演との演出や配役の違い、下級生らの活躍など、全国ツアーならではの楽しみ方もたくさん!
開幕後の挨拶では、“ご当地出身の生徒紹介”があったりとアットホームな雰囲気もありますから、生徒をより近く感じることもできるのでは?

もし皆さんの街に宝塚歌劇団が訪れたら、ぜひぜひ劇場に足をお運び下さいませ。


さてPart2では、全国ツアーの舞台裏「こんなに大変なんだぁ~!」をお話しましょう。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。