ハワイで食べたい! おすすめグルメ

プランテーション時代に移民労働者たちから生まれたハワイ版弁当「プレートランチ」

プランテーション時代に移民労働者たちから生まれたハワイ版弁当「プレートランチ」(写真協力:オアフ観光局)

太平洋の真ん中に浮かぶ常夏の島ハワイ。はるか昔、ポリネシアの航海者たちが移り住み、パイナップルや砂糖きび農業全盛のプランテーション時代には各国からの移民を受け入れてきたこの島の食文化は、とってもユニークです。

古代ハワイから受け継がれてきた伝統料理にハワイ生まれの新料理ジャンル、ハワイアン・リージョナル・キュイジーン。そして、ローカルの食生活はもろちん、ハワイが歩んできた歴史まで垣間見れるローカルフード&スイーツ。ハワイでなければ食べられない名物料理を紹介しましょう。

ハワイの伝統料理とは?

ハワイ伝統料理はポリネシアの航海者たちが持ち込んだ食文化がベース。undefined上/左からポイ、ロミロミ・サーモン、カルアピック、ハウピアundefined中央/ラウラウ(写真協力:オアフ観光局)

ハワイ伝統料理はポリネシアの航海者たちが持ち込んだ食文化がベース。 上/左からポイ、ロミロミ・サーモン、カルアピック、ハウピア 中央/ラウラウ(写真協力:オアフ観光局)

ポイ、ポケ、ラウラウにハウピア。かわいい響きのハワイ語が並んでいますが、これは、ハワイアンが古くから継承してきた伝統料理。神から与えられた自然の恵みを食すことで自然に帰るというスピリチャルな意味が込められたこの料理は、太陽の光をたっぷり浴びた素材の味を生かし、塩だけで味付けした低カロリーで栄養満点なハワイのソウルフードです。代表的なハワイ伝統料理といえば……

スーパーでも量り売りをしているポケ

スーパーでも量り売りをしているポケ

POI(ポイ)
古代ハワイアンの主食で、タロ芋を蒸して練りつぶし発酵させたもの。ペースト状でヨーグルトのような酸味がある。

POKE(ポケ、ポキ)
マグロの刺身やゆでタコなどのシーフードをハワイ産の塩、海藻、ネギ、タマネギと混ぜ合わせたハワイ風の「ヅケ」。現在では醤油、ゴマ油、ピリ辛のスパイスでアレンジしたものも。

KALUA PIG(カルアピッグ)
たっぷりの塩をまぶした豚肉を魔除けや防腐作用があるというティの葉に包んで蒸し焼きにし、細かくさいたもの。

LAULAU(ラウラウ)
豚肉や鶏肉をタロとティの葉で二重に包んだ蒸し焼き。

■HAUPIA(ハウピア)
ココナッツミルクに砂糖を混ぜ、ゼラチンで固めたプリンのようなデザート。

伝統料理専門のレストランや食堂以外でも、カップ入りのポイ、量り売りのポケなどをスーパーで、また、一般のレストラン&バーでも食べやすく、お洒落にアレンジされたメニューを見かけます。ぜひ、一度チャレンジしてみてください。

新創作料理 「ハワイアン・リージョナル・キュイジーヌ」

ハワイの食材に西洋の料理テクニック、アジアの調味料などシェフが生まれ育った食文化を反映させた独創的な料理ジャンル(写真協力:ハワイ州観光局)

ハワイの食材に西洋の料理テクニック、アジアの調味料などシェフが生まれ育った食文化を取り入れた独創的な料理ジャンル(写真協力:ハワイ州観光局)

伝統料理同様、一度味わってみたいのがハワイが生んだ料理の新ジャンル、ハワイアン・リージョナル・キュイジーンです。はじまりは、1992年にロイ山口、アラン・ウォン、サム・チョイなど若手シェフ12人が集まって起こしたレストラン業界の改革プロジェクト。「美味しいレストランがない」といわれていたハワイに、地元の新鮮素材を使い、日本、中国、フランスなどそれぞれのシェフが生まれ育った食文化を反映させた料理を創り出しました。同時に、世界で活躍するスターシェフと地元産のブランド食材も誕生したのです。

気になるお味は、ゴマやワサビ、醤油、味噌など日本の調味料も使われているので日本人の舌になじみやすく、芸術的な盛り付けも必見。最近では、伝統料理やローカル料理(次項紹介)を取り上げた新たなメニューも登場しています。