9月23日――雪組トップスター・絵麻緒ゆうさん、トップ娘役の紺野まひるさん、専科の成瀬こうきさんが『追憶のバルセロナ』『ON THE 5th』にて宝塚歌劇団を退団されました。
また、すがた香さん、夢奈さやさん、千咲毬愛さんも同じく退団されました。

主要キャスト3名の同時退団。そしてこの公演は、絵麻緒ゆうさんと紺野まひるさんのトップお披露目公演でもあり、それがサヨナラ公演となってしまいました。

芝居『追憶のバルセロナ』は、絵麻緒さん扮するフランシスコと成瀬さん演じるアントニオの友情、紺野さん演じるイサベルとフランシスコの未来への旅立ちが描かれ、それが現実の彼女らをオーバーラップさせました。

また劇中では、絵麻緒さんから朝海ひかるさんへ、次期雪組トップスターのバトンタッチを彷彿とさせる台詞もあり、ファンの方々の涙を誘いました。

ショー『ON THE 5th』は「これで最後なんだ……」と感じるよりも「今ここで輝いているスターたちの姿を、今の雪組をこの目に焼き付けたい。」そう思わせる生徒全員の“最高の笑顔”を楽しめるショーでした。

前日に続き千秋楽にはサヨナラショーが行われ、思い出の曲を歌い踊り、緑の袴姿で観客に、タカラジェンヌとしての最後の挨拶をしました。


絵麻緒ゆうさんは1987年雪組公演『宝塚をどり賛歌』『サマルカンドの赤いばら』で初舞台を踏みました。同期生には、6月に退団した元花組トップの匠ひびきさん、現在芸能界で活躍中の元・月組トップスター・天海祐希さん、元・宙組トップスターの姿月あさとさんらがいます。

初舞台後、星組に配属。
2000年、新専科設立の際に専科に異動。
2001年9月、雪組トップだった轟 悠さんの専科異動。絵麻緒さんが次期トップに内定されました。