極楽とんぼ山本の事件で『東京タワー』延期

29日放送予定だったフジテレビのスペシャルドラマ『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』が少女に対する淫行事件を起こした元極楽とんぼの山本圭一が主人公の幼なじみとして出演しており、放送延期が決定。

出演部分をカットするか、代役をたてて出演部分を撮影し直すかは未定。登場部分のキャストが多いだけに撮り直しは困難ではないかとも関係者が指摘し、お蔵入りの可能性も。
また代わって放送する番組は映画『オーシャンズ11』。

1ドラマだけにはとどまらず、それに向けて来週のフジテレビは『SMAP×SMAP』『ココリコミラクルタイプ』『みなさんのおかげでした』『メントレ』などに主演の大泉洋、広末涼子らが出演予定だったため影響は甚大です。


『水戸黄門』新作はハイビジョンシフト

7月24日から『水戸黄門 第36部』がスタート。

メンバーはだいたいいつもの通りですが、9月26日放送予定の10話から、うっかり八兵衛以来のコメディ担当が三波豊和・よろず屋の千太から「欽ちゃん劇団」所属の松井天斗(てんと)・おけらの新助に交代。

今回のルートは日光東照宮に参拝した後、金沢を経て山陰道から山陽道に。テーマは日本の美でいままでのスタジオ収録主体から天橋立、出雲大社、厳島神社などロケを増やしハイビジョンで日本の美しい風景を収録。

ナショナル劇場だから「ビエラ」を買って見てくださいということですか。


唐沢寿明がまた前田利家を

02年の大河『利家とまつ』で主演の前田利家を演じた唐沢寿明が現在の大河『功名が辻』で再び前田利家役に。

『功名が辻』で山内一豊を演じる上川隆也は唐沢主演の『白い巨塔』で弁護士役で共演。それをきっかけに親交を深め、「お前が大河をやるなら出てやるよ」との約束で決定したとのこと。豊臣秀頼の元服シーンなどを10月1日に放送。

大河ドラマで同じ役で出演した例としては65年『太閤記』の秀吉・緒形拳と信長・高橋幸治が78年、市川染五郎(現・松本幸四郎)主演の『黄金の日日』にそのまま秀吉・信長として出演したことなどがあります。役の印象が強まる効果がありますね。