正しい方法でジェルネイルをオフ

ジェルネイルのオフ方法をご紹介します。ここではリムーバーでオフできるタイプのジェルの手順です。ジェルネイルをオフするリムーバーは爪にダメージを与えますので、正しい手順で行うことが必要です。

カルジェルCALREMOVE (カルリムーブ) <br> 定価:840円(税込)・50ml 

カルジェルCALREMOVE (カルリムーブ)
定価:840円(税込)・50ml

用意するものは、アセトンもしくはソークオフジェル専用リムーバーとアルミホイル、コットンです。

 

undefined

 

1. ジェルの表面を粗めのバッファーなどでサンディング(ジェルの表面を削って傷をつける)します。これをすることによってリムーバーを浸透しやすくします。

 
undefined

 

2. 爪の大きさ程度にカットしたコットンにリムーバーを充分しみ込ませます。そのコットンを画像のようにアルミホイルにセットし、手前を折り返します。ロールのホイルを切って使用しても構いませんが、カップホイルだと指に巻きつける程よい大きさなのでオススメです。

 
undefined

 

3. 爪の部分がコットンに当たるように指を置きます。リムーバーが皮膚に付着するとかぶれてしまう場合がありますので、コットンはジェルが付いている爪部分だけに当たるようにして下さい。折り返したホイル部分が甘皮周りの皮膚にリムーバーを付着しにくくさせます。


 
undefined

 

4. 指を密封するように包み込みます。 皮膚が弱い方は、この時に甘皮周りにキューティクルオイルを塗布すると良いでしょう。皮膚の保護になります。

 
undefined

 

5. この状態で10分~20分程度待ちます。ジェルのメーカーによってこの待ち時間は異なりますので、必ず説明書をお読み下さい。

 
undefined

 

6. ホイルをはずすと、ジェルは表面がひび割れた状態になっています。ウッドスティックやメタルプッシャーなどで優しく取り除きます。

 
もしまだジェルが溶けずに地爪に付着している場合は、無理に剥がさず再度手順2.から繰り返します。 正しい手順で爪に優しいオフのやり方をぜひ実践して下さい!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。