カルカルふりかけ
ナッツやしそなど、お子様に合わせてお好みで加えてもイイですね!
手作りのふりかけは難しそうですが、フードプロセッサーを使うと、とても簡単にできちゃいます。牛乳アレルギーの子ども達に不足しがちなカルシウムと、たんぱく質がたくさん含まれています。手作りなので添加物もなく、塩分も控えめ。優しい味なので日頃のご飯のおともに、お弁当に、気軽に安心して使えます。「毎日飲める!便利な豆りんご乳のレシピ」と組み合わせるとより効果的です。

カルカルふりかけの栄養成分

成分
カルカルふりかけ(1回約5g)
エネルギー
18kcal
たんぱく質
2.6g
脂質
0.6g
炭水化物

0.6g

カルシウム
80mg
リン
53mg
0.6mg
マグネシウム
25mg
ビタミンE
0.1mg
ビタミンB1
0.01mg
ビタミンB2
0.01mg
ビタミンC
0mg
食物繊維
0.2g
食塩
0.4g

カルカルふりかけ 材料 小さじ1で12回分

・にぼし 30g
・桜海老 7g
・かつお節 5g
・青海苔 5g
・ゴマ 10g
・黒砂糖 小さじ1 
・塩 小さじ2分の1

カルカルふりかけ 作り方

1・にぼしと桜海老を耐熱ガラスに入れてレンジで1分半チンします。
 
1・にぼしと桜海老を耐熱ガラスに入れてレンジで1分半チンします。(フライパンで香りがつくまで炒ってもOKです。)
2・1にかつお節、青海苔、ゴマ、黒砂糖、塩を入れてフードプロセッサーにかけます。(すり鉢で気長にすってもOKです)"
 
2・1にかつお節、青海苔、ゴマ、黒砂糖、塩を入れてフードプロセッサーにかけます。(すり鉢で気長にすってもOKです)あったかご飯に盛り付けてできあがり!


■アレルギー表示を含む特定原材料表示
牛乳
小麦
そば
落花生

*記載した食品の中には、アレルギーを引き起こす可能性が高いと言われているものがあります。また、その逆にその食品がアレルギーに有効だと言われている説もあります。食品中の成分に関しては、まだ解からない部分も多くあります。こちらのレシピについては、離乳食では、厚生労働省の「離乳の基準」をもとに、各段階で利用できる食材で進めております。また、科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」に記載されていない食品に関しては、「食材の説明」を付け加えました。除去や利用に関しては、医師の診断のもと行ってください。医師の許可のでた食品をはじめて利用する際には、単品で利用してからお試しください。


詳細解説!乳アレルギー対策
牛乳アレルギーとカルシウムたんぱく質の話
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。