小さい子どもサイズのカワイイ座布団、おじゃみ

おじゃみママ キッズ
まるでお手玉のような形をしたおじゃみ座布団。左 おじゃみママ。右 おじゃみキッズ

おじゃみママ キッズ
「おじゃみ」とはお手玉のこと。おじゃみ座布団を、お手玉遊びのようにリビングでコロンと並べて。おじゃみ座布団にまたがるように座れば、安定した姿勢で座ることができる
幼児から小学校低学年ぐらいの小さな子どもは、床の上で過ごすことが多いもの。学習机やダイニングテーブルに向かって長い時間を過ごすことは、まだありません。リビングのローテーブルや座卓などの低い位置で、お絵描きやおりがみや字の練習をします。

ところが、体が小さい子どもが普通の座布団の上に座ると、ローテーブルや座卓の位置が高すぎるため姿勢が崩れることに。正座もまだなかなかできません。そんな時期の子どもたちのために、フローリングや畳の上で、正しい姿勢を保ちながら、ちょこんと座れる子ども用の座布団が誕生しました。