子育ての実際は掃除との格闘です。やっとキレイに掃除したばかりの床の上に、子どもがお菓子をひっくり返して掃除。食事をすればボロボロと床の上にこぼされ、また掃除。こんなことの繰り返しが毎日毎日延々と続くのが子育てです。汚しても怒ってはいけないと思いながら、疲れてくるとついカッとなって子どもを怒鳴りつけたりしてませんか?

そんな時に、助けてくれるロボットがいたら……。

しゃべって踊って考える掃除機ルンバ

ルンバ全身
これが、お掃除してくれるというロボット、ルンバ
忙しいですか? 育児に家事に仕事に、ママは忙しいですね。パパも忙しい。ガイドも忙しいです。年の瀬を迎えて、ますます忙しい! 年末の大掃除まで手がまわりません。猫の手も借りたいとは、まさにこのこと。

そんな忙しい年末のガイド宅に、お掃除をしてくれるというロボット、ルンバがやってきました。

ロボットの掃除機……。でも、ロボットを動かすだなんて、きっと難しいマニュアル読んで、ややこしい設定しなきゃいけないんじゃないの? なんだか大変そう。忙しいんだからマニュアルなんか読んでられません。ましてや設定とかの面倒なことまでやってられません。ガイド、ルンバのコンセントだけをとりあえず差し込んで、ルンバを部屋に放置。ああ忙しい。

そんなある日。ふと気づくと6歳の息子が、ルンバのスイッチを嬉しそうに押して、言うじゃないですか。
「ほら、このボタンを押すと、ルンバが説明するんだよ!」。

ル、ルンバが説明……? なんのことやら。

6歳児がルンバのスイッチを押すと、なんと、ルンバが、しゃべりだしました!

>>おいらはロボット。お掃除ロボット。>>