ウエットシートで床磨き。しつこい汚れもオフ!

ところが、これだけでは終わらないのがエアシス。お掃除用のシートを装着して、さらに床をピカピカにできるのだとか。おもしろそう、やってみましょう!

エアシスクイックルワイパー装着
左 エアシスに付属の花王クイックルワイパーウエットシートをブラシに巻き付けます右 手元スイッチを押すとクルクルっと巻き付くシート。まるでマジックみたい!

エアシスクイックルワイパーで粘土板1
左 ちょっと強引ですが、実験のために、粘土や子どもの手の汚れなどがこびりついた粘土板を、ウエットシートが巻き付いたパワーブラシで掃除してみます右 2~3分ほど動かすと、だいぶ取れてきました

エアシスクイックルワイパーで粘土板2
左 ベタベタだった粘土板がピカピカに。パワーブラシに巻いたウエットシートだけで、ここまで取れます右 粘土や汚れをふき取ってベタベタになったシートは、スイッチひとつでダストカップに

掃除機をかけた後の床ふきは、目が離せない赤ちゃんがいるとなかなかできないもの。でも、これならお手軽。ギュンギュンと回転するシートで床がめきめきと磨かれていきます。シートで床を磨くことで、掃除機がけでは取りきれなかった汚れまで取ることができます。子どもたちが床に描いてしまった落書き、子どもの手や足のベタベタ跡、こびりついた食べこぼし……。

シートで床をふき終わったら、スイッチを押すとシートがホースを通ってダストカップに入っていきます。汚れたシートに指1本触れる必要はありません。これは快適。

>>心配なものは何ですか? アレルギー・インフルエンザ・ダイオキシン>>