タミフルは危険? 公的な見解

Q:11歳の息子が最近、インフルエンザにかかりました。小児科にかかってタミフルを処方されたのですが、新聞で「タミフルを飲んで転落死」した中学生の記事を見て、不安になりました。飲ませない方がいいのでしょうか。教えてください。

タミフルは悪者?
タミフルは悪者? はたしてその真相は……(写真はイメージです)
A:お答えします。厚生労働省は最近、「インフルエンザの感染時には異常な行動を起こす可能性があることを患者さんや家族に説明すること」などと、文書で異例の通達を出しました。

これは、最近話題のインフルエンザ治療薬、タミフル(リン酸オセルタミビル)を内服した未成年2人が、内服後まもなく異常な行動をとり、いずれも(事故、転落によるもので脳炎症状ではない)死亡したという報道を受けてのものだと思います。この事例は広く報道されたのでご存じの方も多いでしょう。元々薬の添付文書には、「副作用として異常行動や幻覚などが起きる場合がある」と書かれていますが、そのために死亡に至った例は初めてでした。

それ以前にも昨年2006年、厚生労働省がタミフルを内服して幻覚や異常行動、意識障害があった例をまとめていますが、現段階では、それらの症状については「インフルエンザそのものによる脳炎・脳症の可能性もあり、タミフルの副作用とは断定できない」としています。

製造元のロシュ社は、タミフルの安全性について、「インフルエンザの脳炎などによる症状の起きる可能性と、タミフルを飲んだ後に出てきた症状の起きる可能性には差がない。よって、タミフルを飲んだからそういう症状が出やすくなるとはいえない」という見解です。

海外での状況

これまでに書いた厚生労働省やロシュ社の見解は、主に日本人のデータに基づいたものです。それでは、海外ではどのような状況になっているのでしょうか。実は海外でもタミフル服用後の異常行動の報告がされています。

BBCニュース(英語)では、タミフルによる精神的副作用が世界で48件報告されている、としています。その内訳は以下の通りです。
  • 日本 28件
  • アメリカ 10件
  • カナダ 5件
  • ドイツ 3件
  • フランス 2件
これを見ると、日本での発生件数が群を抜いて多いのがわかります。日本人には精神的副作用が起こりやすいのでしょうか?実は、そうではありません。

>>タミフル服用後の異常行動が日本で多い理由は、次ページで>>