チャイルドシート
チャイルドシートに手を焼いていませんか?
道路交通法で、6歳未満の子どもを自動車に乗せる際には、チャイルドシート着用が義務付けられています。とはいっても、チャイルドシートを嫌がるわが子に「ちゃんとつけないとダメよ」と無理やりベルトを装着し、車を発進すると大泣きされてしまうことも……。ママとしても困りものですよね。松原も子どもの抵抗感がなかなかぬぐえず、まるで自分が鬼のような気持ちになってくることがよくありました。

警察庁交通局の調査によると、交通事故での乳幼児の死亡率は使用時に比べて装着していない場合の約3倍。チャイルドシートによって守られたはずの命がたくさんあるのです。今回は命を守るチャイルドシートと子どもが仲良くなるための方法を一緒に考えてみましょう。

嫌がる理由は?

どうして子どもはあんなにもチャイルドシートを嫌がるのでしょうか。考えられる理由はこういったことです。
  • 身動きが不自由

  • ふだんのびのびと動き回っている分、イスに固定されシートベルトを装着している状態は子どもにとって窮屈なもの。

  • ママとのコミュニケーションが取れにくい

  • ママが運転をしていたり、助手席に座っていたりすると、アイコンタクトが思うように取れません。そのため、不安でさびしい気持ちになってしまうのです。

  • 長時間同じ体勢

  • 限られた時間の中でなら我慢も出来ますが、移動時間が長いともともとじっとしていられない性質の子どもにとっては苦痛な時間となりがちです。

  • 慣れていない

  • そして、最大の理由はふだん座っていないチャイルドシートに車に乗ったときだけ座らなければならないということ。子どもは不安が強いため、そこに「座りなさい」と大人の緊迫感のある声が聞こえると、より不安になって抵抗をする負のスパイラルが発生するのです。

それでは、子どもがチャイルドシートに気持ちよく座れるためにはどうしたらいいのでしょうか?

>>チャイルドシートに気持ちよく座れるためには?>>>