もちろん、食事や間食も気をつけて欲しいのですが、見落としがちな足をしっかりとつける!ということです。骨格に影響・・・ということもありますが、足が宙ぶらりんでは、落ち着いて食事が出来ないでしょう。大人でもそうではありませんか?足の長い椅子(カウンターのような所にある椅子)で、足がついていないと何か落ちつかない・・・ということないでしょうか?

足が地面につく!というのは、ある意味、安心感なのです。なので、食事のときにつかなかった場合、落ちついて食事に集中できない!ということも考えられるのです。そのため、もし、足のつかない椅子を利用していたら、早速、足台をつくりましょう。

★牛乳パックに新聞をしっかりと詰めて、三個くらいをガムテープでつけて、まわりを布やビニールで覆う。
★雑誌を何冊かまとめて、ガムテープで止めて布やビニールで覆う
★お風呂のマット等を切り、何段かに重ねる。

高さは子どもを座らせてみて、背筋がピンと伸びる所で決めましょう。椅子にはしっかりと深く腰掛けさせてくださいね♪

さぁ~~~どうでしょうか?可愛い歯を守ることはできるでしょうか?

偉そうな事を言ってますが、実は我が子は虫歯になっちゃいました(笑)もし、なってしまったときには、早期発見!早期治療!ですよ☆我が子は治療が終わったので、今の状態をしっかりと守ってあげたいなぁ~とおもっています♪

皆さんも可愛い歯を守ってあげてくださいね☆

【関連】
  おすすめサイト「歯のはなし」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。