季節の変わり目って、何を着たらいいのか悩みませんか?

昼間は暑い・暖かいけど、朝晩は涼しいし・・・
大人は少しくらい平気!と思えても、子どもの事は風邪引いたらかわいそうだし・・・とかいろいろ思いますよね。
そんなときの為に、衣服の調節のポイントをお話したいと思います。


『じょうぶな子に育てたい』という願いから薄着をさせるというママも多いでしょう。

しかし生まれたばかりの赤ちゃんではそれは無理です。

生後3ヶ月位までは大人より1枚多め

内蔵のある胴体は冷やさない!ということが大切です。
基本はオムツに短肌着長肌着またはコンビ肌着ベビーウェア


あとは、室温をみて調節していきます

真夏なら(室温27度前後)オムツに短下着で十分です。
真冬でも今は暖房がしっかりと効いているのでベストで調節する位でいいです。



寝返りの頃は大人と同じ

寝返りがはじまるなど動きが活発になってきたら、半そでか袖の無い下着の上にロンパースカバーオールなどがいいでしょう。
足が動きやすい服装にしてあげてください。

ハイハイの頃からは大人より1枚少なめ

ハイハイやつかまり立ちが始まると動きがさらに活発に、行動範囲も広がってきます。また、汚すことも増えてくるでしょう。
肌着にTシャツまたはブラウス。そしてロンパースやオーバーオールなど上下分かれているものがいいです。

着替えもしやすく、オムツを換えるにも便利です。
  
真夏は下着が無くてもいいでしょう。
家の中でしたら、汗の吸収しやすい綿の素材のTシャツにオムツで十分です。
真冬でも暖房がしっかりと効いているので、室内でも厚着をさせる必要はないです。

ランニングの下着に長袖シャツ、そしてロンパースやオーバーオールがいいですよ。
下着に半袖を利用する方も多い事とおもいますが、私個人の意見としてはランニングをすすめます!

それは何故?と思いますよね?

ハイハイするにも何をするにも、肩の部分が動かしづらいのは動きにくい事に繋がると思います。
そのためにも下着はおなかを冷やさない!ということに重点を置いてランニングにしたほうがいいと思います!