LEXONのカバンの不思議な魅力

ガイド納富が、去年の終盤まで、もう3年くらい使っていて、結局酷使が祟って壊れてしまったカバンがありました。何の変哲も無い袋型のショルダーバッグで、黒のポリエステル製。外側に二つファスナーポケットが付いただけのシンプルな上ファスナー型。そのシンプルさと、軽さ、そしてそのシンプルな機能をそのまま形にしたようなデザインの潔さが、仕事にもプライベートにも良く似合って、あらゆるシーンに使えるのも気に入っていました。そのカバンが、最初に使ったレクソン製のカバンだったのですが、購入時点で何より気に入ったのは、その価格の安さでした。そのカバンは4000円くらいだったと記憶しています(もう、古いモデルで今では売っていないようです)。

そのカバンが、それほど突出していた訳ではないのですが、価格からは考えられないほどのパフォーマンスを持ったカバンだったことは確かです。また、その価格故に気軽に使えたということもあったと思います。そして、どこに持っていっても恥ずかしくない、さりげなく細部にこだわった、でも全体にはシンプルなデザインのセンスも、長く使えたポイントだったと思います。実際、現在のレクソンのカバンのラインアップを見ると、そんな、ビジネスバッグとしての基本的なデザインと機能を備えつつ、ちょっとした使い勝手の工夫と、細部のデザインのキレイさ、そして長く使えそうな頑丈さと飽きないオーソドックスな形が特徴なのだと思いました。さらに、変わらぬ価格の手頃さ。レクソンと言えば、とてもキレイに繊細にデザインされた高級文具や雑貨のイメージがあるのですが、カバンだけは、そのデザインセンスはそのままに、他のメーカーに比べても安価なのが何とも不思議な所です。

パソコンポケットも付いて、でもスマート
LEXON CHALLENGER ドキュメントバッグ

LEXON「CHALLENGER ドキュメントバッグ」
色は、写真の黒の他グレーもある。各色13,650円(税込)

この、ノートパソコン対応のビジネスバッグ「CHALLENGER ドキュメントバッグ」も、レクソンらしい、多機能で使いやすくてキレイなのに、妙に安価で、しかも長く使えそうという、ビジネスバッグの鑑のようなカバンに仕上がっています。

把手を本体内に完全に収納できる

面白いのは、把手を完全に内部に収納してしまえる所。ショルダーバッグとして使用する際、把手が無いだけでビックリするくらい、歩行中のモノの出し入れがスムーズになるのです。しかも、まるで最初から把手が無かったかのように、完全に隠れてしまうあたりに、デザインにこだわるレクソンらしさが出ていると思います。

内部にはクッションとフラップが付いたノートパソコン収納スペースが用意されている

内部には、ノートパソコンを収納出来る専用パーティションも設けられています。A4ファイルサイズのノートパソコンが楽に収納出来るサイズで、クッションと蓋がパソコンをしっかり守る仕様です。ネットブックなら、ACアダプターなどもまとめて入れられるくらいのゆったりしたパーティション。パソコンでなくても、壊れ物を運ぶのに使えそうです。

パソコン収納スペース以外の内装はシンプルに、手帳や本が入るポケット×2と、大きなファスナーポケット
マチが9.5cmと薄めだがメインコンパートメントは広く使えるので、大きなファイルフォルダも楽に収納できる

ノートパソコンパーティションの反対側には、大きなファスナーポケットと小さなポケットが二つ。小さなポケットには本や手帳を入れておけます。書類関係は実際にモノを入れると意外にデカいメインコンポーネントに直接放り込む感じで使うラフなスタイルですが、ファイルフォルダなどを出し入れしやすい大きめの作りなので、仕事で使い始めると、その扱いやすさに手放せなくなる感じです。この、小さな使い勝手の良さの積み重ねが、レクソンのカバンの特徴で、とりあえずデザインもいいし安いから、繋ぎに買っておこうと思って買って、いつの間にか愛用している、というパターンが多いのも、そのせいなのだとガイド納富は考えています。

小技が利いた外部ポケットのさりげなさ

太いペンがスムーズに入り、カードポケットもゆったり目で使いやすいオーガナイザー部。ノートなどが入る広さもあって便利なポケットだ

外部ポケットは全部で4つ。すぐ目に付くのは表にある二つのファスナーポケットだと思います。この上部のファスナーポケットは、中がオーガナイザー的になっていて、カード入れ、ペン差し、スナップポケットが内蔵されています。このカードポケットは、少しマチがあって、カードを数枚まとめて入れられます。見た目はパッとしませんが、この方が、一枚ずつズラしていれる、よくあるタイプのカードポケットよりも実用上は使いやすいのです。またペン差しも太さ長さがゆったりとってあるので、万年筆を二本差すことが出来ます。写真のように、ラミーの「サファリ万年筆」を楽に差せるペン差しを搭載したカバンというのも、意外にありそうでないものなのです。USBメモリなどの大事なものが入れられるスナップポケット(しかも合皮で中のものを守れる)も付いています。また、A5サイズのノート(マルマンの「ニーモシネ・ノートパッド」などがお勧めです)などを収納できるので、打ち合わせなどは、このポケットだけで完結させることも可能です。

携帯オーディオ機器や携帯電話に便利な肩口のポケットも搭載

外側下のポケットは、文庫本には少し小さいサイズで、デジカメやスマートフォン、またはメモ帳などを入れるのに適した感じです。面白いのは、肩口のファスナーポケット。ここは、多分iPodや携帯電話を入れる事が想定されていると思うのですが、このポケット部分、きちんとポケットの袋部分が固定されるようになっていて、この手のポケットにありがちな、中でぶらぶらと内容物が動くことがありません。

背面のポケットは、キャリーバッグのハンドルに挿し込む機能も持つ

背面のポケットは、普通はポケットとして使えて、キャリーバッグと一緒に使う時は、下部のファスナーを開けて、キャリーバッグのハンドルに突っ込めるようになっています。最近のカバンの基本機能とはいえ、この価格帯できちんと、こういうことに対応しているのは大したものだと思います。

ストラップは、ベルトが捩れにくいオリジナルのタイプと芸が細かい

さらに、ショルダーストラップの装着部分も、ベルトが必要以上に振られることがないように、専用の留め具でベルト全体を固定する方式。それでいて市販のストラップに付け替えることも出来るフレキシビリティもレクソンらしい細部への目配りと言えるでしょう。