マウス操作をiPhoneから行える
「WiFi TouchPad for Windows and Mac OSX」350円

シンプルなタッチパッドだが画面が広いので思った以上に使いやすい

iPhoneはWiFiで無線LAN接続出来ることが特徴の一つです。つまり、家庭やオフィスに無線LAN環境があれば、パソコンとも無線LANを介して簡単に繋がります。その機能を使ったアプリも色々ありますが、この「WiFi TouchPad」も、そんな無線LANを利用したソフトの一つです。iPhoneにアプリを、パソコンにはレシーバーソフト(無料)を、それぞれインストールすれば準備完了。iPhoneの画面が、パソコンのタッチパッドになります。

キー入力もリモートコントロールできる

面白いのは、タッチパッドの機能の他に、ズームアップボタンが付いていること。リモコンなのだから遠くから操作するわけで、ならば拡大機能があると便利ということなのでしょう。こういうちょっとした工夫が使う側にとって嬉しいのです。また、ソフトキーボードも付いていて、パソコン上で開いたエディタなどに文字入力することも可能です。タッチパッドならまだしも、キーボードはパソコンに繋がっているものの方が打ち易いに決まっていますが、これも「出来る」ことが嬉しいのです。シンプルながら、扱いやすくて、パソコンでテレビを見ている際などに重宝しています。

WiFi TouchPad for Windows and Mac OSX購入はこちら(iTunesが開きます)
別途レシーバーソフトのダウンロードが必要です

iTunesのライブラリをiPhoneから呼び出せる
「Simplify Media」450円

自宅の音楽ライブラリがiPhoneから利用できる

iPhoneは容量が多くても16GB、普段120GBのiPod Classicを持ち歩いているガイド納富にとって、音楽プレイヤーとしてはとても使い物になりません。しかし、この「Simplify Media」と無線LAN環境があれば、iPhoneに保存しなくても、自宅のiTunesのライブラリをiPhoneから利用することが出来ます。これなら容量不足を気にすることもありません。もちろん、ジャケットも表示されます。

音楽再生中はジャケットが表示される

しかも、それだけではありません。このアプリからライブラリを呼び出して、音楽を再生すると、そのアーティスト情報や歌詞も、ネットから自動的に検索して表示してくれるのです。iTunesに登録していない歌詞が表示されるので、最初は驚きましたが、ネットの歌詞データベースに情報があれば表示してくれるようです(なので洋楽の歌詞の方が充実しています)。

ミュージシャンのプロフィールも表示してくれる
洋楽なら歌詞が表示される曲も多い

そういう機能のソフトだと分かっていても、外出先で全ての曲にアクセス出来るのを見るのは、かなり衝撃的でした。この機能が450円というのも凄いのですが、画面も普通の音楽再生ソフトそのままで、その気楽な感じが、とても面白いと思うのです。パソコンにサーバーソフトをインストールする必要があって、その設定も多少面倒なのですが、一度設定してしまえば、後はパソコンの電源を点けた状態で外出するだけで、いつでも使えます。

Simplify Mediaの購入はこちら(iTunesが開きます)
Simplify Media用サーバーソフトはこちらからダウンロード

鼻歌で曲目を検索出来る
「midomi」無料


この画面で10秒以上鼻歌を歌ってみる

機能は簡単、iPhoneのマイクに向かって鼻歌を10秒以上歌えば、その曲目を検索してくれるというソフトです。これが、試してみるとかなりのヒット率で、その実用性に驚いてしまいました。しかも、世界中の歌に対応するのです。検索結果は10曲を越えることもあるのですが、大体リストの一番上に正解が来ることが多いようです。それくらい音声認識の精度が高いようで、十分実用の範囲だと思いました。

候補になった曲名などの情報がリスト表示される

歌詞をちゃんと歌う方が認識率は上がるようですが、ほんとうにただの鼻歌(ハミング)でも、ちゃんと検索してくれることが多く、またデータベースには洋楽が多く登録されているようですが、日本の曲も、結構マイナーなものまで網羅しているようでした。鼻歌だけでなく、ラジオやテレビなどから流れる音楽からの検索や、曲名、ミュージシャン名からの検索も可能。検索結果から、曲の試聴や購入も出来るようになっています。ど忘れが激しい最近のガイド納富には、とても重宝するアプリです。

midomiの入手はこちら(iTunesが開きます)

次のページでは、ギター関連のアプリを紹介、こだわりチェック、関連リンクも次ページで。