伊東屋鉛筆用補助軸

金属軸をラバーで包んでマットなカラーリングで仕上げてある 379円(税込)※価格は掲載当時

伊東屋オリジナルのラバー仕上げの補助軸です。写真は白ですが、他に、赤、黒、グレーが用意されています。鉛筆を差込んで、後部の銀色の部分を回転させて固定する仕組み。軸が空洞なので、それほど短くなっていない鉛筆でも差込むことが出来るのも魅力です。

しっかりした滑り止めが持ち心地の良さを生む

手に吸い付くようなマットな感触のラバーに、滑り止めの溝まで付いていて、とても持ち易く、書き易いのは、企画からしっかりと鉛筆用補助軸を新しく創ろうとしたからなのだと思います。しかも、白の補助軸というのも、ありそうで意外に無いものです。

伊東屋 鉛筆用補助軸(木軸)

艶のあるカラーリングを施した木の軸がポイント 379円(税込)※価格は掲載当時
 

伊東屋オリジナルの鉛筆用補助軸には、上で紹介したラバータイプの他に、この木軸タイプもあります。こちらも、色は写真の赤の他、白、黒、グレーの全四色。木軸なので、鉛筆を深く差込むことは出来ず、グリップ部分を回して鉛筆を留める、かなりオーソドックスな鉛筆補助軸になっています。

鉛筆らしさを損なわない作りは流石伊東屋オリジナル
 

といっても、そこは伊東屋オリジナル。キレイに塗装された艶のある木の軸は、使っている鉛筆をワンランク上の書き心地と手触りにしてくれます。とにかく軸部分が軽く、先端は金具で少しだけ重くなっているので、鉛筆を入れた時の重心バランスがとても良いのです。