柔らかブリーフケースが出来るまで

m+「TENERA(茶)」 42,000円(税込)
他に黒もあります

財布の構造をゼロから見直した、使いやすさ抜群の財布「MILLEFOGLIE」や、必要最小限ギリギリのサイズと思った以上の収納力が嬉しいウェストポーチ「MARSUPIO」など、数々の名作を発表している革製品工房、m+(エムピウ)。一級建築士から革小物デザイナーへと移行した村上雄一郎氏のアイディアと設計には、ガイド納富もいつも驚かされています。

そんなm+からブリーフケースが登場するというので、その製作過程から色々とお話を聴いてきました。また、出来上がった「TENERA」と名付けられたブリーフケース(というより、もしかしたらトートとか、単にバッグとか呼んだ方がぴったりするかもしれませんが)の、あまりの使いやすさとデザイン、機能に感動して、その場で購入してしまったガイド納富が、製作者サイドからと、使用者サイド(もう二ヶ月愛用しています)の両面から、このカバンを紹介したいと思います。

ソリッドな革から柔らかい革へ

国産タンニン鞣しの牛革にバッファロー風の型押しで表情を出した柔らかい革

この「TENERA」というカバンの大きな特徴は、全体にくたっとしていて、どこにも尖った部分がないような柔らかさです。このタポンとした感じをブリーフケースに仕立てるというのが、今回のデザインや構造上のコンセプトだったのだそうです。

「少し前は、ソリッドな一枚の革を、曲げたり折ったり切ったりして、革の張りを利用して何かを作るのが面白かったんです。MILLEFOGLIE(あの使いやすい財布です)や、ROTOLOというペンケースなんかが、その路線で作ったものです。それが一段落して、次はより使い込んだ時に、より革の魅力が出るようなものを作りたいと思ったんです」とm+主宰の村上雄一郎さん。その柔らかいシリーズ第一弾が、このガイド記事でも紹介したウェストポーチ「MARSUPIO」です。

「ソリッドな革鞄は、使い込んでいくと革そのものには味わいが出ても、革は柔らかくなってくるので、最初のイメージが失われるんです。ところが、最初から柔らかいと、使い込んでさらに柔らかくなった時に、その柔らかさが味になるんです。そんな使い込んだ先の良さが出せるカバンを作りたかったんです」という言葉通り、村上さんは、ウェストポーチ「MARSUPIO」から、ショルダーバッグ「PIATTO ALTO」「PIATTO BASSO」(これらもガイド記事で近日中に紹介します)、そして、このブリーフケースと、順調に柔らかいシリーズを発表しています。

広々と使われた革の素材感が心地よい

とにかく柔らかく、角がなく、デザイン的にもひっかかる部分がないように、というのがコンセプトですから、何より革選びが重要になります。「革選びは、いつも苦労します」と村上さん。「革の選択の基本は、使い込んで味が出るもの。なのでタンニン仕上げで、オイルを多く含んだものになりますね。今回は、柔らかさもポイントなので、曲げると、オイルが革の中を動いて、その部分が白く浮き出るようなものを探しました。使い込むと凸凹のメリハリが出るシボのあるものだとベストです」

ところが、最終的に選んだ革だとコストがかかり過ぎ、次に選んだ革は思うように数が揃えられず、などなどと、今回の革選びもかなり難航したそうです。ガイド納富は、最初の革、次の革、そして決定した革と全てを見せてもらったのですが、結果オーライといいましょうか、結局製品版に使われているものが、風合いといい柔らかさといい、一番良かったのではないかと思いました。

次のページでは、この形にたどり着くまでの試作品の数々と共に、このブリーフケースのデザイン上の魅力を紹介します