使いながら進化させていったデザイナーの便利な形

m+「MARSUPIO チョコ」各26,250円 (税込)

持ち歩いてサッと取り出したい日常の小物を入れるポーチや鞄は、頭で考えて作っても、あまり実用的なモノは作れません。本当に、自分が使って納得できるものは、作って、使ってみて、修正して、また使って、という作業を繰り返して初めて、「便利」と言える形になるものだと思うのです。

そして当たり前ですが便利なだけでは、使っていて楽しくないですし、毎日持ち歩くものですから、デザインや質感、つまり、使い続けたいと思い、持ち歩くことが嬉しい、そういう仕上がりでなければなりません。ビジネス鞄なら、機能や容量を優先してデザインは妥協できる範囲なら大丈夫というケースもありますが、小物入れ的な小さなバッグやポーチは、手元で扱い、身体に触れるアイテムです。デザインや素材感がとても重要になるのです。

あの、あまりの使いやすさでベストセラーになった財布、m+(エムピウ)の「MILLEFOGLIE」をデザインしたデザイナー村上雄一郎さんが、自分で使うために作ったウェストポーチ「MARSUPIO」は、実用性を徹底的に自ら検証し、それを支える素材を含むデザインで仕上げたもの。実は、ウェストポーチが嫌いなガイド納富ですが、これなら使いたいと思い、実際に使ってみたら、その行き届いた仕様にいちいち感動してしまいました。ポーチと呼ぶより、洗練された小さな革の袋を持ち歩いている感じで、その素材による存在感と、主張しないデザインのスマートさのバランスが、とても心地よいものでした。

柔らかい山羊革の存在感とシンプルなスタイルの信頼性

柔らかく素材感のある山羊革としっかりした縫製

使われているのは、柔らかいけれど、しっかりした肌合いを持つタンニン鞣しの山羊革。牛革ほど繊細でなく、傷がつきにくく柔軟な山羊革は、毎日ハードに使うポーチには最適の素材。年齢性別を問わない質感のフラットな感じで、ワイルドにも見えるし端正にも見えるので、服装を選びません。金具部分も、しっかりとしたものが付いていて、縫製も頑丈と、毎日使うことを前提に作られています。

付け方次第でショルダーやボディバッグにもなるベルト

ストラップの付き方を見れば分かるように、ウェストポーチとして使うと、ベルトから少し下がった位置にポーチ部分が来ます。この高さが、歩行や座った時の邪魔にならず、また、見た目もスッキリして、ウェストポーチにありがちの野暮ったさがありません。付けた感じは、ウェストポーチと言うより、プロの道具入れという佇まいで、気恥ずかしさを感じることなく使えます。

ベルトを長くして、ショルダーバッグのように使うことも出来れば、短い革のハンドルなどを用意すれば、小型のハンドケースのように使うことも出来る、フレキシブルな構造も嬉しいですね。いっそ、ベルトを外して、直接持ったり、革のストラップを付けて片手でぶら下げたりといった使い方も考えられます。ボディが横22cm×縦16cmと小振りで、マチも狭めにとってある、ギリギリのボディサイズだからこその自由度の高さだと言えるでしょう。

携帯電話入れは外に付けて、中はスッキリさせた大容量

ポケット三つとペン挿しだけのスッキリした室内

この「MARSUPIO」は、通常のポーチとしても小さい方ですが、必要なモノを入れて、入らなくて困るということが、あまりないようになっています。それは、携帯電話は側面にいれて、内部はスッキリと大きく開けられるようになっているからです。また、いっぱい詰めても、パンパンになった感じがしない、山羊革の柔らかいけれど弾力のある素材感が、見た目無理しているように見せません。

内装部分はペン挿しが二本分と、カード入れ風のポケットが二個、メモ帳やiPod nanoなどが入るくらいのポケットが一個だけです。ポケットはマチが無いタイプなので、ポケットを使わなければ、中の容量いっぱいモノを入れる事が出来ます。といっても、サイズが小さいですから、いっぱいに入れても、大した数のアイテムは入らず、中の見通しも良いので、それぞれのモノの出し入れはスムーズ。

ペン挿しは、外側の太い軸も入る方をメインに使えば、中をさらに広く使えます。側面の携帯電話入れも、革ベルトを上手く使った、中が見える仕様なので、メールの着信などをケースに入れたまま確認できます。一本の革ひもで携帯電話を留める方式で、出し入れがスムーズだし、小さなものから大きな多機能タイプまで入るように作られています。ちょっとした部分ですが、こういう小さな部分に手間がかけられているからこそ、全体が使いやすいのでしょう。

次のページでは、この「MARSUPIO」に実際に様々なモノを入れて、実用範囲を見てみましょう