羊屋の一枚仕立てジャケット


羊屋 シアサッカー“一枚仕立て”ジャケット
今回はネクタイなしですが、ニットタイを締めても映えると思います。パンツは前回紹介したグレーのサマーウール(フレスコ)です。ビジネスでも役立つジャケットです。

最近暑いですね~。ということで夏向きのジャケットの紹介です。おすすめしたいのは羊屋一枚仕立てのシアサッカージャケットです。

一枚仕立てというのは芯や肩パット、裏地を使わない仕立て方で、軽くて、涼しいのでこれからの季節にぴったりなわけです。

よく耳にするアンコンジャケットやセンツァインテルノ(芯なし)と似ていますが、羊屋はあくまでもテーラーなので、採寸と型紙、仮縫いの付くフルオーダーで職人が作ります。アイロンワークと手縫いによって生まれる美しいシルエットは、量産品にはない魅力です。

羊屋 シアサッカー“一枚仕立て”ジャケット
芯地や肩パットなしでもここまで綺麗なフォルムが出ます。好みによって裏地を付けることもできます。

また、素材はシアサッカーのみの対応です。これには理由があって、芯や裏地を使わなくてもシルエットを保ってくれる数少ない夏向き素材ということで厳選しています。

羊屋 シアサッカー“一枚仕立て”ジャケット
変形大見返しと呼びたい面白いデザインです。ボタンが付いているところが内ポケットになります。

ベントはサイドとセンターが選べて、好みによって裏地を付けることも可能です。脇のポケットは基本的にパッチポケットです。

内側が面白い作りになっていて大見返しの変形といったらいいのでしょうか。裾に沿ってカーブした見返し部分が内ポケットになっています。じつは表側のパッチポケットのステッチがそのまま内側のポケットのステッチも兼ねているわけです。なのでパッチポケットなんですね。

今回は普通の袖にしていますが、マニカカミーチャにすることもできます。細かなところでは衿裏が共地になっているので衿を立てて着てもサマになります。ボタンは白蝶貝を使った舟底型のボタンです。袖口は開閉のできる本切羽です。

次のページは、「クールビズでもジャケットは持っていたい」です