リネンよりラミーのほうがエレガントです

カシウエア
エディフィスのラミージャケット2万9000円(Le Dôme ÉDIFICE 丸の内 TEL:03-6212-2460)Photo:石井幸久
肩の仕立てにはパットも芯地はナシ、もしくはごく薄いものを使うことで、見た目にはスーツのように立体的なフォルムを構築しながら、型にずっしり乗るような着心地ではなく、それはまるでカーディガン。軽い着心地ながらも、ビジネスマンが会社に着て行ける、薄軽仕立てのテイラードジャケットが人気です。インポートブランドから国内ブランドまで、さまざまなものが登場していますが、エディフィスのオリジナルに、よく出来たモデルを見つけました。

カシウエア
裏地にはリバティプリントの生地を使用。今年はプリント柄が旬だけに、さりげなくチラ見えすると「わかってる」感アリ!
こちらの紺ジャケは、見た目はじつにベーシックな3パッチポケットタイプ。縫製だけで立体的な肩を実現しているのは、高い技術力のなせる技。グレイパンツと合わせてタイドアップすれば、十分ビジネスユースが可能です。裏地にはリバティプリントの生地を使っているので、脱いだときにちょっとカジュアルな印象になります。オフィスで脱ぎ掛けておくと、上司にオフ用のジャケットで仕事していると思われるかもしれません。脱がないことを前提に会社に着ていくと、制服の裏地に龍虎の刺繍を入れていた学生時代を思い出すかも!?


次のページでは、エディフィスのジャケットをもう1枚紹介します。