過去にはこんなモデルもありました

5月に登場した”鯉のぼり”のシリーズ。上品で落ち着いたカラーリングも和柄的です
第一弾のモチーフは鯉登り。クリアソールから透けて見える鯉のグラフィックがインパクト大。パープルやグレーを基調としたカラーリングも斬新でした。ちなみにエアマックス'95の歴史の中で、ヒールからトゥにかけてのグラデーション加工は初。なお、こちらのシリーズは2007年の5月に登場したもの。

第二弾はなんとカキ氷からインスピレーションを受けたシリーズとなります。ともすると企画色全開になってしまいがちなイメージソースなのに、ここまでクールに仕上げるとはさすがco.jpといったところ。パテントレザーやホワイトクロコダイルリフレクターなどを要所に用いることで、ホワイトでありながらも厚みを感じさせるプロダクトとなっていますね。グラデーション加工されたソールにも注目したいところ。
なんとモチーフはカキ氷! キッチュな配色がそれっぽい気分。でも、素材の質感がしっかりと計算されているのでチープに見えない。
トウキョウ発信というスタンスでの、ジャパニーズカルチャーの提案という意味でも非常に考え深いこのシリーズ。「クール ジャパン」だなんだと色々ともてはやされていますが、こういうサラっと和を感じさせるプロダクトは稀有な存在。だからこそ、ストレートのデニムやチノなど、いわゆるアメカジテイストに当て込むのはちょっと重すぎると思います。くるぶし丈のスキニーパンツや、ビッグニットなどを合わせヨーロッパ的な着こなしでニュートラルな洒脱感を楽しんでください。


【関連リンク】
ナイキジャパン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。