まとめ

一時期はマルチメディアのMacと、ビジネスソフトのWindowsのように言われていた時代もありましたが、それぞれ欠点を克服し相手の長所を取り入れることで非常に似たものになりつつあります。

しかし動画を見たり、音楽を聴くなどのマルチメディア系の作業では、まだまだOS付属のソフトではMacが優れています。アップルではほとんどの分野のソフトを自社で開発しており、OSに付属しているソフトではシンプルな機能を、別売りのソフトではより高度な機能を提供しています。

それに対してWindowsも、OS付属のソフトで基本的な分野のソフトは網羅していますが、より高度な機能を持つソフトはアップル製音楽再生ソフトのiTunesのように他社が提供しています。そのためか、使い勝手では引けをとらない、もしくは優れたソフトでも性能そのものでは一歩劣るように感じます。

とはいえ、これらはあくまでも両者を比較した場合に気がつく程度の内容です。Windows 7の付属ソフトの完成度は非常に高く満足できますすし、Macもシンプルとはいえ、通常使用では十分すぎるほど高機能なソフトばかりです。

これらのソフトの使い勝手については、ぜひ実際に試して確認していただければと思います。また、それぞれのOSについて詳細な情報を確認したい場合には以下のリンクよりどうぞ。

■Windowsの使い方(All About)
■Mac OSの使い方(All About)




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。