さっぱり、さわやかな“ローション”

剃る前後に肌に塗って使うめずらしいタイプ。収斂効果があるので肌をさっぱりと引きしめます。ヴェレダ「シェイビング ローション」100ml2940円
化粧水としても使えるくらいなのが、さっぱりとしたこのローションタイプです。

長所
水分なので素早く肌になじみ、塗った方の手も汚れません。男性が嫌うベタつきがほとんどなく、さっぱりと爽快に剃ることができます。

短所
わりとすぐに乾いてしまうので、カミソリの刃がダイレクトに感じられます。カミソリ負けしてしまう人には不向きです。


古きよき伝統を守る“ソープ”

1805年創業の英国の理髪店が起源の由緒正しい、シェービングソープがこちら。トゥルフィット&ヒル「シェービングソープ(ウッドボウル)」99g6300円
クラシカルな様相をたたえているのがこのソープです。まるでそのたたずまいは英国紳士さながら。ブラシで念入りに泡立てれば、シェービングが儀式のような格調高い行為へと変貌します。

長所
ブラシとセットで洗面に置くだけでなによりもエレガントです。泡の立て具合で自分の好みに調整できます。

短所
あえて挙げるとすれば、時間と手間がかかることでしょう。朝のあわただしい時間、ゆっくりできない人にも向いていません。


さて、今まで見てきた中でお気に入りのシェービング剤は見つかりましたか。けっして難しくはありません。肌質やテクスチャーの好みで決めればいいものです。ちなみにガイドはその日の気分によって、シェービング剤を使い分けています。男性ならではのシェービング。どうせするなら、シェービング剤にもこだわって、楽しい行為となるようにしてみてはいかがでしょうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。